トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 円城塔 > 烏有此譚

烏有此譚(円城塔)

烏有此譚(著者:円城塔)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:烏有此譚
  • 著者:円城 塔
  • ページ数:156
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062159333
  • ISBN-13:9784062159333

円城塔新刊

  • 発売日
    2020年2月6日
  • 書名
    読書で離婚を考えた。 (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2020年2月6日
  • 書名
    読書で離婚を考えた。 (幻冬舎文庫)

烏有此譚関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.2.17 芥川賞の円城さん 札幌で25日初講演

    芥川賞の円城さん 札幌で25日初講演 (02/17 10:12) 札幌出身の芥川賞作家・円城塔さん(39)=大阪市在住=の文芸講演会が25日午後3時から、札幌市中央区中島公園の道立文学館で開かれる。

  • 2012.1.26 寄稿 円城塔さん、芥川賞に決まって 「中間の賞」広げるのが良い

    規模について考えている。芥川龍之介賞というのは大変規模の大きな賞で、他の出版社の短篇新人賞と並べてみても格段に注目度が高いのである。手に取って頂ける方がほぼ十倍規模になる。何が起こるか予想がつかない。

円城塔のその他受賞歴(候補含む)

烏有此譚関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rairen_bot1:東京大学大学院出身 2:妻はホラー作家田辺青蛙 3:2011年下半期の芥川賞受賞者 4:「道化師の蝶」「烏有此譚」 A:円城塔 うゆうしたん、たなべせいあ、えんじょうとう
matsuri269薬指の標本/小川洋子飛ぶ孔雀/山尾悠子烏有此譚/円城塔小説の森散策/ウンベルト・エーコレ・ミゼラブル/ヴィクトル・ユゴー
ayaryow十六日目:二回以上読んでいる本舞城王太郎『熊の場所』、円城塔『烏有此譚』、佐藤哲也『イラハイ』はよく読み返します。あとエッセイはだいたい、いちど読むとすぐまた読む。なぜだろう。#30daybookchallenge
kisholibrary脱線と膨大な注|『烏有此譚』円城塔 講談社 https://t.co/DRgFBhninL
d_sake_u円城塔の烏有此譚って今読むと「伊藤計劃から屍者の帝国を引き継いで書くことにしました」という私小説っぽいんだけど、これが最初に世に出た時は屍者の帝国を書くことが世に知られていないどころか伊藤計劃自身も亡くなっていないしどう読まれてどう評価されたのかなかなか想像し難い
ayanos_plいまから10年前に読んでいた本:井上雅彦監修『魔地図 異形コレクションXXXII』(光文社文庫)2010年4月22日読了。牧野修「いつか、僕は」、平山夢明「独白するユニバーサル横メルカトル」など、オールタイムベスト級の名短篇が収… https://t.co/GVfWUXplIH
atk27kanあとなんかノリで手に取った円城塔の烏有此譚、書き出しはおろか章番号からページ下の注釈につられ、その注釈の注釈に案内され、本文に入れないまま10ページまでいったぞ……こわ……
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)