トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松浦理英子 > 犬身

犬身(松浦理英子)

犬身(著者:松浦理英子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:犬身
  • 著者:松浦 理英子
  • ページ数:512
  • 出版社:朝日新聞社
  • ISBN-10:4022503351
  • ISBN-13:9784022503350

犬身関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.10.9 女同士のおしゃべりを書きたかった 「奇貨」作家 松浦理英子さん

    性愛ではない。なのに、息苦しいほどに濃密。「親指Pの修業時代」「犬身」などの作品で知られる作家、松浦理英子さんが5年ぶりの新作「奇貨」を刊行した。テーマは「友愛」。私小説家の男が、同性愛者の女友達とその親友の関係に抱く複雑な感情を、緊密な筆致で描ききった。

松浦理英子のその他受賞歴(候補含む)

犬身関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

higawariJelly『犬身』という本も好きです。著:松浦理英子主人公の女性が犬になって、犬でもいいから好きなひとと一緒にいたい。みたいな変身後がメインのお話ですけど、なぜか変身したのが雄犬。もうそのシチュだけでおいしい
toriiro_bot「書くだけですまさずにネット上で公開するのは?自慢でもしたいの?」(松浦理英子「犬身」)
ayakkk3当アカウントを見た飼い主の反応。(結構消したなっていうのは私の過去ツイのこと…)犬身あやめというHNが少し恥ずかしかった。犬身は、松浦理英子の小説の犬身から頂きました。なんの取り柄もない役立たずな犬ですが、これからも飼い主を楽しま… https://t.co/b3HteYEXQd
maya_cat01昨日ひどい言いようしてた松浦理英子の犬身だけど、結局読んでるうちに面白くなって昨夜の内に第二章の始めくらいまで読んだ葬儀の日がまた読みたいなと思う
3nana37スタア誕生/金井美恵子庭/小山田浩子百年泥/石井遊佳往復書簡 サンド=フロベール事件/大岡昇平サイモンVS人類平等化計画犬身/松浦理英子楽しみと日々/プルーストぼくの死体をよろしく頼む/川上弘美贅沢貧乏のお洒落帖/森茉莉 #2018年上半期の本ベスト約10冊
fkksatktm松浦理英子「犬身」おもしろかったー。描かれる家族の風景にあまりにも腹が立って私まで吐きそうだった
oi_pori二十代最後に読んだ本は、松浦理英子『犬身(上巻)』になりそうです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)