トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 本谷有希子 > 生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。(本谷有希子)

生きてるだけで、愛。(著者:本谷有希子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:生きてるだけで、愛。 (新潮文庫)
  • 著者:本谷 有希子
  • ページ数:145
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101371717
  • ISBN-13:9784101371719

本谷有希子新刊

  • 発売日
    2018年10月16日
  • 書名
    異類婚姻譚 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年8月23日
  • 書名
    静かに、ねぇ、静かに
  • 発売日
    2018年6月2日
  • 書名
    大江健三郎賞8年の軌跡 「文学の言葉」を恢復させる

生きてるだけで、愛。関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

本谷有希子のその他受賞歴(候補含む)

生きてるだけで、愛。関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

masato009『生きてるだけで、愛』本谷有希子の小説を原作とするこの映画は、明らかにその子孫に当たる作品なので、最終的に私が共感を覚えぬはずはない。「今の精神状況では見たくない作品」が最終的には「今の精神状況だからこそ見るべき映画」となり、ある程度の浄化をもたらしてくれた。
Archway_123本谷有希子好きだから『生きてるだけで、愛』楽しみにしていたけど微妙なのか、、うーん、、取り敢えず観ねば
55cgkg生きてるだけで、愛みた。地獄のような映画だった。本谷有希子の小説に出てくる子は自分に近い感覚がすごくあって自分を見てるかのようでまじでただただ辛いしあーーーー。って気分だった。あんな人間がいるってのが世間にバレた感じ。わたしも生きてる。
piroka16生きてるだけで、愛。原作が本谷有希子さんなので、気になり観てきました。鑑賞後、しばし映画館から出たくないな…というこの感じ、久しぶりかも。過眠症と鬱に苦しむ女性をリアリティある演技で魅せてくれた趣里さん、凄い女優さんです。鳥… https://t.co/xaVslbualj
morigara本谷有希子さんの小説、生きてるだけで愛が切なかった。すごく好きな小説。その後の仲俣暁生さんの解説もいい。小説って解説込みでつくづく面白い。
nogik_desu『生きてるだけで、愛。』いかにも本谷有希子原作らしい、性悪に近い破天荒なヒロインは鬱病で過眠症。だが、自堕落極まりない生活を送っている彼女がユニークで小気味いいほど可笑しい。肝の据わった趣里の女優魂のお陰で悪戦苦闘する様が愛おしい。 https://t.co/RnGmMhlROU
antenna_cm生きてるだけで、愛。本谷有希子原作映画で一番芝居的でない印象。抑えめな役者たちの中で趣里の尖りが序盤気になったけど、なじんできてから過眠と躁鬱の様がつらくなった。やる気云々じゃなくて、とにかく目覚められずに夕方まで寝てしまうあの絶望的な時期を思い出して「わかる…」が多すぎた。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)