トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織 > 神様のボート

神様のボート(江國香織)

神様のボート(著者:江國香織)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:神様のボート
  • 著者:江國 香織
  • ページ数:251
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4103808055
  • ISBN-13:9784103808053

江國香織新刊

  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    絵本のこと話そうか —対談集
  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)
  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)

神様のボート関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織のその他受賞歴(候補含む)

神様のボート関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

of_the_novelいつか俺たちが死んだら、水になるね。こうやって抱きあったまま、水になって流れていく。ー江國香織『神様のボート』
oh_val9「ここ涼しいでしょ。うち冷房がないから」/江國香織:神様のボート
aruiha_sayoまず前提として。「箱のなか」という素敵な言葉についてお話しします。江國香織さんの『神様のボート』という小説に出てくる言葉で、意味は「もうすぎたこと」という意味です。いいことも楽しいことも、すぎてしまえばかえってこない。でも、「箱のなか」となったそれらを失うことは決してありません。
gakuzi7020@nnrmsys 個人的1位は江國香織の神様のボートです
be_word_bot「でもスカートの方がほら、裾をさばかなくちゃならないぶん、歩いている実感があるでしょう?」‐神様のボート(江國香織)
ko__to___ba自由と不自由はよく似ていて、ときどき私には区別がつかなくなる。-江國香織『神様のボート』
0fyxSrAwl2tBd6C江國香織の短編を宿題で翻訳したといって、神様ボートを持ってきた。ハングリー精神とパワフルなバイタルは、我々は勝てない。データベースで学問で対抗するのでは、太刀打ち出来ない。アメリカの強さを肌で感じた。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)