トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦しをん > 私が語りはじめた彼は

私が語りはじめた彼は(三浦しをん)

私が語りはじめた彼は(著者:三浦しをん)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:私が語りはじめた彼は (新潮文庫)
  • 著者:三浦 しをん
  • ページ数:304
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101167559
  • ISBN-13:9784101167558

三浦しをん新刊

  • 発売日
    2019年2月27日
  • 書名
    皇室、小説、ふらふら鉄道のこと。
  • 発売日
    2019年2月9日
  • 書名
    文庫 本屋さんで待ちあわせ (だいわ文庫)
  • 発売日
    2019年1月4日
  • 書名
    女子漂流 (文春文庫)

私が語りはじめた彼は関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.1.11 実写化作品だけじゃない!三浦しをんの描く濃密な世界

    実写映画化された『まほろ駅前多田便利軒』や『風が強く吹いている』など、そして今年映画化される『舟を編む』など、数々の名作を世に送り出している直木賞作家・三浦しをん。『ダ・ヴィンチ』2月号の三浦しをん特集では、数多あるその小説を、各作への著者コメントつきで、4つのカテゴリに分けて紹介している。

  • 2005.10.1 きらら熱烈インタビュー 第3回 三浦しをん さん

    まずは最初に書きたいものにいちばん合った文体を探します 発表するたびに異なったテイストの作風で読者を魅了してやまない三浦しをんさん。 

  • 2004.7.31 作家の読書道:第33回 三浦 しをんさん

    エッセイでは妄想を炸裂させて読み手を爆笑させ、一方小説では練りにねった巧みな文章世界に私たちをどっぷり浸らせてくれる三浦しをんさん。新刊『私が語りはじめた彼は』も、まだ20代の著者が記したとは思えないほど熟練の味を感じさせる小説。小さい頃から本が好きで、気に入った作品は何度も繰り返して読むという彼女が、これまで読んできたジャンル、心酔する作家とは…。

三浦しをんのその他受賞歴(候補含む)

私が語りはじめた彼は関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

piccoloniumあぁ〜、三浦しをんの愛なき世界読まなきゃと思ってたんだった!三浦作品は『私が語りはじめた彼は』や『秘密の花園』が好きです。あとエッセイはどれも好き!乙女なげやりはタイトルも好き!
foliehorie三浦しをんは「秘密の花園」「むかしのはなし」「私が語りはじめた彼は」が好きなので最近の物語からは離れがちだ。前を向いて生きていたくなんてないし頑張りたくもないし、なんかこう明るいものは苦手だ。世間様に大手を振って薦めてしまえて、しかもそれが受け入れられるようなものは。
7_rhc #名刺代わりの小説10選 森見登美彦 ペンギン・ハイウェイ江國香織 東京タワー川上弘美 センセイの鞄遠藤周作 悲しみの歌田辺聖子 ジョゼと虎と魚たち辻仁成 サヨナライツカ古井由吉 杳子・妻隠三浦しをん 私が語りは… https://t.co/aPW5tb4wIN
KukitaHirotsune#みんなで10000冊読めるかなhttps://t.co/eVBUfH7Qk5【6362/10000】『私が語りはじめた彼は』三浦しをん★★★☆☆面白かった♫個人的にはもう少しダークなのが読みたかった
Fish_0_0『私が語りはじめた彼は』 三浦しをん先生一人の人物に焦点をあて、異なる人々のもつ印象を語るストーリー。私にとってのあの人と、あなたにとってのあの人は違うと巧みな記術で気付かされる。私にとって森見てんては神様だけど、編集さんや同郷者にとってはどうなのだろうか(笑)#暴夜書房
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)