トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦しをん > 私が語りはじめた彼は

私が語りはじめた彼は(三浦しをん)

私が語りはじめた彼は(著者:三浦しをん)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:私が語りはじめた彼は (新潮文庫)
  • 著者:三浦 しをん
  • ページ数:297
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101167559
  • ISBN-13:9784101167558

三浦しをん新刊

  • 発売日
    2017年9月5日
  • 書名
    まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)
  • 発売日
    2017年9月5日
  • 書名
    まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)

私が語りはじめた彼は関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.1.11 実写化作品だけじゃない!三浦しをんの描く濃密な世界

    実写映画化された『まほろ駅前多田便利軒』や『風が強く吹いている』など、そして今年映画化される『舟を編む』など、数々の名作を世に送り出している直木賞作家・三浦しをん。『ダ・ヴィンチ』2月号の三浦しをん特集では、数多あるその小説を、各作への著者コメントつきで、4つのカテゴリに分けて紹介している。

  • 2005.10.1 きらら熱烈インタビュー 第3回 三浦しをん さん

    まずは最初に書きたいものにいちばん合った文体を探します 発表するたびに異なったテイストの作風で読者を魅了してやまない三浦しをんさん。 

  • 2004.7.31 作家の読書道:第33回 三浦 しをんさん

    エッセイでは妄想を炸裂させて読み手を爆笑させ、一方小説では練りにねった巧みな文章世界に私たちをどっぷり浸らせてくれる三浦しをんさん。新刊『私が語りはじめた彼は』も、まだ20代の著者が記したとは思えないほど熟練の味を感じさせる小説。小さい頃から本が好きで、気に入った作品は何度も繰り返して読むという彼女が、これまで読んできたジャンル、心酔する作家とは…。

三浦しをんのその他受賞歴(候補含む)

私が語りはじめた彼は関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tukueyabooks「私が語りはじめた彼は」(三浦しをん、新潮社)どくりょ。三浦しをんってこんな作品を書くのかという驚きと、胸に疼く痛みとで、たじろぐばかり。要は愛していることを他人には証明したり、説明したりはできないということか。それなのに誰もが愛… https://t.co/Uqn4PqSxQq
reconquista1993最近読んだ、三浦しをんの「私が語りはじめた彼は」。ぼちぼち面白かったです。後は伊坂幸太郎の魔王は最近話題になったことがネタになってたので考えました。
momo_pp_三浦しをん『私が語りはじめた彼は』渦中の人は謎が多く、取り巻く人達のお話って感じが91を思い起こす91脳。この方の小説ははじめてだったんですが、硬質な文体がとても好きです。「添い遂げること」の紆余曲折というテーマなのに、いやらし… https://t.co/boXMsUezA5
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)