トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 津村記久子 > 給水塔と亀

給水塔と亀(津村記久子)

給水塔と亀(著者:津村記久子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:文学界 2012年 03月号 [雑誌]
  • ページ数
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10
  • ISBN-13:4910077070324

津村記久子新刊

  • 発売日
    2019年3月15日
  • 書名
    二度寝とは、遠くにありて想うもの (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年3月15日
  • 書名
    二度寝とは、遠くにありて想うもの (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年11月28日
  • 書名
    この世にたやすい仕事はない (新潮文庫)

給水塔と亀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

津村記久子のその他受賞歴(候補含む)

給水塔と亀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

product1954これは残念。 上林暁「ブロンズの首」に始まって、開高健「玉、砕ける」、色川武大「百」、島尾敏雄「湾内の入江で」、津島佑子「黙市」から、近年は津村記久子「給水塔と亀」まで、とにかく名作揃い。出でよスポンサー!川端康成文学賞が今年… https://t.co/vmUN36PPwF
ball3music@ng05a おはようございます。津村記久子さんは、昔読んだ文学界で掲載されていた亀と給水塔というお話が大変良かった印象があったのでお勧めしたのですが、さっき読み返したら若い人には、素朴すぎるかなあという印象でした。また何かお勧めがあったら紹介しますね!
gravityrainbows来し方と行く末と今ついての感慨を短編というより掌編でギュッと詰め込んである津村記久子「給水塔と亀」。冒頭のうどんの製麺所のところ読むだけで惚れ惚れする。
bld1697津村記久子『浮遊霊ブラジル』文藝春秋、2016短編で打順組んでみた的な。ファンタジー色強めの打線でトリを務める表題作もハマっているけど、先頭「給水塔と亀」は、傍目には寂しいと見られそうな人がきちっと主人公になってて、冷え過ぎず暑… https://t.co/1vqgOvns6l
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)