トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 首藤瓜於 > 脳男

脳男(首藤瓜於)

脳男(著者:首藤瓜於)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:脳男 (講談社文庫)
  • 著者:首藤 瓜於
  • ページ数:384
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062738376
  • ISBN-13:9784062738378

脳男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

脳男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kanaet0216首藤瓜於の脳男って桐山くんモデルに見える。
kamine7yasiro【読了】『脳男 (講談社文庫)』首藤 瓜於 https://t.co/yMDOIFVvOk #booklog
mfmfbooks[脳男Ⅱ 指し手の顔/首藤瓜於] 脳男シリーズ第二巻。上下巻に跨り、前作よりもボリュームもスリリングな展開もパワーアップ。茶屋と真梨子、そして鈴木一郎が対する事件の残虐さもパワーアップしているのでグロ耐性がない方はお気をつけて。後味の悪い読後なので続編が待たれます…。
hit4boy首藤瓜於『刑事の墓場 』ノホホンとは言わないまでも、テレビドラマでよくお目にかかるような、緩やかな刑事ものです。はみ出しものが集まる警察署に着任したエリート刑事というあるある設定に嘆息してしまいます。傑作「脳男」とは趣が違いますね。https://t.co/ZZckZT8rhb
qma_CL_effect【77】[ラ 29%]『脳男』で江戸川乱歩賞を受賞した推理作家【首藤瓜於】→しゅどううりお
asatsuki888『指し手の顔 脳男2/首藤瓜於』読了。前作のメインキャラが引き続き登場。今作は、前作よりも遥かにおどろおどろしい雰囲気でしたが、相変わらず読み手を惹きつける緊迫感は健在でした。物語のラストも続編を匂わせるものとなっていますの… https://t.co/o5DVibF03r
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)