トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中山可穂 > 花伽藍

花伽藍(中山可穂)

花伽藍(著者:中山可穂)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:花伽藍 (角川文庫)
  • 著者:中山 可穂
  • ページ数:256
  • 出版社:KADOKAWA
  • ISBN-10:4043661037
  • ISBN-13:9784043661039

中山可穂新刊

  • 発売日
    2018年7月24日
  • 書名
    娘役 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年3月24日
  • 書名
    男役 (角川文庫)

花伽藍関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

中山可穂のその他受賞歴(候補含む)

花伽藍関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ykcavecanemひさびさに中山可穂の弱法師と花伽藍をぱらぱら読んでたのだが、まあみんな若いころっていろいろたいへんだったよねという気持ちがわかるようになってしまった自分がいることがおどろきだったw
gr_ckb中山可穂「花伽藍」の中にある「燦雨」みたいな死に方をしたいよ、私は。
fujihideyuki藤宮はなの読書愛好記録 : 花伽藍/中山可穂(2002) #412 https://t.co/qjg0jlMuTv
kmttn_kmttn@nyanchu 私は中山可穂の「花伽藍」の中の鶴という話が好きです
kodoku_na_boku中山可穂は「深爪」「マラケシュ心中」「感情教育」「サグラダ・ファミリア」「花伽藍」「サイゴン・タンゴ・カフェ」の6冊と、小説以外では「熱帯感傷紀行」も読んだけどこの「白い薔薇の淵まで」が一番好きかもしれない。
machaut1300@nanae0922 突然ですみません。フォロワーの一人です。ななえさんに是非中山可穂さんの花伽藍という本を読んで欲しくてリプしました。角川文庫で読めますのでよろしくです。
novel_story_bot好きなひとと暮らすのは、かなしいことだ。いつかこのひとと別々に暮らすことになっても、ひとりで生きていけるように、心のどこかでつねに覚悟をしていたような気がする。【花伽藍/中山可穂】
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)