トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐賀潜 > 華やかな死体

華やかな死体(佐賀潜)

華やかな死体(著者:佐賀潜)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:江戸川乱歩賞全集(4)大いなる幻影 華やかな死体 (講談社文庫)
  • 著者:戸川 昌子 , 佐賀 潜
  • ページ数:558
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062638789
  • ISBN-13:9784062638784

華やかな死体関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

華やかな死体関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ruchishogun東映チャンネルで放送された『土曜ワイド劇場/華やかな死体』を観る。原作は佐賀潜の乱歩賞受賞作。池広一夫の演出も快調な佳作だが、原作と異なる終盤の展開が玉に瑕。脚色は同じ原作の映画『黒の報告書』も手がけた石松愛弘なのだが、あまり良い… https://t.co/Tgq4tm99kz
meisouchizu東映チャンネルでやってた、佐賀潜原作の「華やかな死体」(土曜ワイド劇場、1980年)。音楽がまんま白い巨塔(田宮二郎版)で、白い巨塔ファンとしてはかなり興奮した。もちろん音楽はどちらも同じ渡辺岳夫。
ibuki_cafe『RT感謝!その記事再登場』(11306)『ミステリー』(74)『華やかな死体』佐賀潜著、講談社文庫法曹としての知見がよく活かされた法廷ミステリー。大手食品会社社長の死体が花に埋もれて発見された。被害者の元秘書で現在は後妻… https://t.co/34UBCE5ZQB
JPmysteryBD佐賀 潜(さが せん、1914年3月21日 - 1970年8月31日)『華やかな死体』『恐喝』
sugatama佐賀潜『華やかな死体』の感想をブログにアップ。前半は警察&検察の地道な捜査、後半はガチの法廷ものという構成でケレン味一切なし。地味なストーリーで、ラストも後味は悪いが、著者の法や法機構に対する強い思いはしっかり伝わってきて満足。https://t.co/8ISHM9iOUC
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)