トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 城山三郎 > 落日燃ゆ

落日燃ゆ(城山三郎)

落日燃ゆ(著者:城山三郎)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:落日燃ゆ (新潮文庫)
  • 著者:城山 三郎
  • ページ数:462
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101133182
  • ISBN-13:9784101133188

城山三郎新刊

  • 発売日
    2018年11月9日
  • 書名
    緊急重役会 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年9月11日
  • 書名
    作家たちのオリンピック 五輪小説傑作選 (PHP文芸文庫)
  • 発売日
    2018年7月1日
  • 書名
    重役養成計画 (角川文庫)

落日燃ゆ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

落日燃ゆ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot_qmaNo.136 次の城山三郎の小説とそれに描かれている政治家の正しい組み合わせを選びなさい⇒落日燃ゆ―広田弘毅、辛酸―田中正造、男子の本懐―濱口雄幸
waynejrbruce【小説家】○城山三郎 『落日燃ゆ』
of_the_novelその総選挙はまた、新憲法公布下の最初の総選挙である。「日本を滅ぼした長州の憲法」の終焉を告げる総選挙でもあった。ー城山三郎『落日燃ゆ』
muitosy0ku私も便乗して…#名刺代わりの小説10選『和解』志賀直哉『細雪』谷崎潤一郎『五重塔』幸田露伴『もの喰う女』武田泰淳『ファウスト』ゲーテ『落日燃ゆ』城山三郎『門三味線』斎藤緑雨『蓮の露』石橋忍月『魔の山』トーマス・マン『駅前旅館』井伏鱒二
toyoda_rey城山三郎 メモ 落日燃ゆ
Yuriakatase城山三郎の「落日燃ゆ」は廣田弘毅を美化した結果歴史の観点から見れば誤っている項目だらけだけど、廣田が一言も東京裁判で発しなかったのは、責任を取るという1点では揺るぎない態度であった。でも彼は歴史に対して証言すべきであったし、消極的であっても軍部の独走を抑えなかったのも事実でしょう
miyabis0027城山三郎『落日燃ゆ』(新潮文庫)読了。文官では唯一東京裁判で死刑となった広田弘毅の話。広田は首相、外相時代に陸軍の妨害に遭いながらも平和外交にこだわったにも関わらず、裁判ではモットーである「自ら計らわず」を貫き、自己弁護をしなかっ… https://t.co/6lxQIYagCV
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)