トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐々木譲 > 警官の血

警官の血(佐々木譲)

警官の血(著者:佐々木譲)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:警官の血 上巻
  • 著者:佐々木 譲
  • ページ数:397
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4104555053
  • ISBN-13:9784104555055

佐々木譲新刊

  • 発売日
    2019年10月29日
  • 書名
    沈黙法廷
  • 発売日
    2019年7月13日
  • 書名
    真夏の雷管 (ハルキ文庫)

警官の血関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.4.19 事件は書店で起きている!? 警察小説、人気の秘密とは

    横山秀夫の『64』、高村薫の『冷血』を筆頭に、いま警察小説が書店で目立っている。ミステリーの1ジャンルから頭ひとつ抜け出し、独立したジャンルへと成長を遂げたのでは。何が読者を引き付けるのか。その本質は何か。『ダ・ヴィンチ』5月号では、ライター・北尾トロが刑事さながらにその真相究明を行った。

  • 2012.5.15 第二十五回 山本周五郎賞

    第二十五回 山本周五郎賞

佐々木譲のその他受賞歴(候補含む)

警官の血関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shincholive_bot『警官の条件(新潮文庫)』(佐々木譲)若き警部・安城和也の窮地、“悪徳警官”加賀谷の帰還。警察小説の最高峰。『警官の血』沸騰の続篇!! https://t.co/5PUHV7afi7 #電子書籍
mys_sus_bot【文字パネル】第142回直木賞を『廃墟に乞う』で受賞した、『笑う警官』『警官の血』などの警察小説で有名な小説家は?→佐々木譲
umsesyvoaWyftn6編集者が好きな作品を可視化できると、作家さんが話しやすいかなと思ったのでわたしのをさらしていくわ。とりあえず思いついた小説から。警官の血(佐々木譲)疾走(重松清)バッテリー(あさのあつこ)虐殺器官(伊藤計画)背の眼(道尾秀介)重力ピエロ(伊坂幸太郎)ジェノサイド(高野和明)
itoi_s新潮文庫は模倣犯(宮部みゆき)ソロモンの偽証(宮部みゆき)白い巨塔(山崎豊子)天下城(佐々木譲)警官の血(佐々木譲)向日葵の咲かない夏(道尾秀介)忍の国(和田竜)特におすすめです。敬称略
hiruhikoando野坂昭如『火垂るの墓』ビリー・ワイルダー『サンセット大通り』がいいのか。あるいはスチュワート・ウッズ『警察署長』佐々木譲『警官の血』がいいのか。 / 他140件のコメント https://t.co/1vqhWcwj1D “主人公が… https://t.co/IWFx0WStmp
shizuka_lat43N佐々木譲作品を多く読んでる方からは、第二次大戦三部作(特に『エトロフ発緊急電』)、警官の血シリーズは傑作ですよとお勧めしてもらいました。多作でどこから手をつけていいかわからないという方は、ぜひご参考に。
nakaniwajiken佐々木譲の警官の血で書いてあって印象的だったんだが、特定の犯罪だけを追う警官はどんどん風貌も思考も捜査対象と似てくるらしいな https://t.co/jLXQ1OFqJF
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)