トップページ > 作家名一覧 > ほから始まる作家名一覧 > 堀江敏幸 > 雪沼とその周辺

雪沼とその周辺(堀江敏幸)

雪沼とその周辺(著者:堀江敏幸)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:雪沼とその周辺 (新潮文庫)
  • 著者:堀江 敏幸
  • ページ数:206
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101294720
  • ISBN-13:9784101294728

堀江敏幸新刊

  • 発売日
    2018年11月2日
  • 書名
    傍らにいた人
  • 発売日
    2018年11月2日
  • 書名
    フランス文学を旅する60章 (エリア・スタディーズ)
  • 発売日
    2018年8月1日
  • 書名
    アンデル 2018年8月号

雪沼とその周辺関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.7.25 "ホリエ萌え"する女子たち

    文系女子から熱視線を浴びている"ホリエ"とは? 先週、発表された第147回芥川賞。ご存じの通り『冥土めぐり』(河出書房新社)で鹿島田真希が受賞したが、今回の芥川賞は「どの作品が受賞するか?」ということ以外にも、密かに注目されていたトピックがあった。それはズバリ"新加入のホリエ様"。新たに選考委員に加わった作家の堀江敏幸が"萌える"と、一部の女子のあいだで評判なのだ。

  • 2012.5.7 第三十八回川端康成文学賞

    「犬とハモニカ」 江國香織

  • 2012.2.8 丸善日本橋で三谷龍二「表紙」展

    丸善・日本橋店(中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は2月8日から2月14日まで3階ギャラリーで三谷龍二さんによる「表紙の仕事展」を開催する。

堀江敏幸のその他受賞歴(候補含む)

雪沼とその周辺関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

springsunny11友人Aは堀江敏幸『雪沼とその周辺』よりスタンス・ドット、その友人Bは鷺沢萠『少年たちの終わらない夜』よりユーロビートじゃ、踊れない でした。どちらも自分じゃ発掘できないだろうなって感じの作品だった。めちゃめちゃ面白くて楽しい企画でした。またやりたい!
ParolesLes『雪沼とその周辺』堀江敏幸著読了です。大きな事件なんてない、雪沼の暮らし。人生の折返し地点もとうに過ぎた人々の、懐かしいような、寂しいような日々の営みが静かに綴られています。歳をとり、過去に想いを馳せるようになったら、もう一度読み… https://t.co/j2HPou3I9i
fragments_bot単純なこと、明快であることを、効率のよさととりちがえている人間が多すぎる。効率がいいからといって、物事が単純になるとはかぎらないのに、そんなことも理解できない人間が、いつのまにかのさばるようになってきた。(堀江敏幸『雪沼とその周辺』)
hirakuk購入本その2。筒井康隆『不良老人の文学論』(新潮社)。もう筒井さんも84歳なのか。世田谷文学館の筒井康隆展に行かねば。谷崎賞選評も収められていて、堀江敏幸さんの『雪沼とその周辺』を推した選評が目に入った。筒井さんと堀江さん、異色の(わたしにとっては夢の)組み合わせだ。
hatonoie__2718遅まきながら2007年センターの小説で出た「送り火」の全文が気になり、「雪沼とその周辺」堀江敏幸著を読んだ。センターの引用部分からは想像がつかない展開で驚く。土地の風景がボワーっと浮かんできてこういうのを本当はノスタルジックな描写というのかなと感じた。ゆっくり読みたい本であった。
n_notturnaより正確に言うと、新聞に載った文章を読んだ母親がつづきが気になるというので探して読みました。「雪沼のその周辺」。この本を読んで堀江敏幸さんの文章がとても好きなことに気がついてからはお名前お見かけするたびに手に取っています
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)