トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 胡桃沢耕史 > 黒パン俘虜記

黒パン俘虜記(胡桃沢耕史)

黒パン俘虜記(著者:胡桃沢耕史)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:黒パン俘虜記 (文春文庫 (402‐1))
  • 著者:胡桃沢 耕史
  • ページ数:307
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4167402017
  • ISBN-13:9784167402013

黒パン俘虜記関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

胡桃沢耕史のその他受賞歴(候補含む)

黒パン俘虜記関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

LS_slot_bot2TVドラマ化もされた「飛んでる警視」シリーズ、直木賞を受賞した「黒パン俘虜記」などの作品で知られる作家は?→胡桃沢耕史(同一リール:志茂田景樹、出久根達郎、宮城谷昌光)
raisen_bot_qmaNo.229 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒高橋治―秘伝 、胡桃沢耕史―黒パン俘虜記 、村松友規―時代屋の女房
raisen_bot2_qmaNo.164 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒高橋治―秘伝、難波利三―てんのじ村、胡桃沢耕史―黒パン俘虜記
adrenalizebook胡桃沢耕史・著『黒パン俘虜記(新装版)』https://t.co/rNg3A3zOhM「軍隊は運隊だ」という言葉どおり、運悪く敗戦と同時に送りこまれたモンゴルの収容所はまさにこの世の地獄だった。軍律の崩壊した集団に君臨するやく… https://t.co/StdBVZHLWm
butsubutsu@tuneleconnaispa 胡桃沢耕史の『黒パン俘虜記』を読むと、シベリア(モンゴル)などに収容されていた兵士も「ソ連側は辛うじて人道的な扱い(食料や住居)をしている」にも関わらず日本人同士の壮絶な「内ゲバ」によってかなりの… https://t.co/1ETBfvIaBu
sachiotachibana黒パン俘虜記 胡桃沢耕史 P132 ぼくにとっては、ここは二度めの収容所だった。いずれの所でも、人間が集団で暮しだすと、必ず頂点の王と、その下で王を守るということで、贅沢な食事を保証されている少数の貴族団と、全く何の権利も持たないで黙々と労働させられるだけの一般の人間との、
hit4boy胡桃沢耕史『 黒パン俘虜記』大戦終結時、モンゴルの収容所に囚われた青年の悲惨で鬱勃とした日々が描かれた作品。先の見えない抑留生活でヒエラルキーが確立され、理不尽な暴力、死がまかり通ります。日本人の暗黒面の気質そのものを問うています。https://t.co/3TNtTS2WLu
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)