トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上春樹 > 1973年のピンボール

1973年のピンボール(村上春樹)

1973年のピンボール(著者:村上春樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:1973年のピンボール (講談社文庫)
  • 著者:村上 春樹
  • ページ数:192
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062749114
  • ISBN-13:9784062749114

村上春樹新刊

  • 発売日
    2018年4月10日
  • 書名
    ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫 む 5-15)
  • 発売日
    2017年12月21日
  • 書名
    温泉天国 (ごきげん文藝)

1973年のピンボール関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上春樹のその他受賞歴(候補含む)

1973年のピンボール関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raik_bot三部作その1有川浩の自衛隊三部作→塩の街、海の底、空の中宮本輝の川三部作→道頓堀川、螢川、泥の河火野葦平の兵隊三部作→麦と兵隊、土と兵隊、花と兵隊村上春樹の羊三部作→風の歌を聞け、1973年のピンボール、羊を巡る冒険喜多川歌麿の雪月花三部作→品川の月、吉原の花、深川の雪
fragments_bot「哲学の義務は」と僕はカントを引用した。「誤解によって生じた幻想を除去することにある。……配電盤よ貯水池の底に安らかに眠れ」(村上春樹『1973年のピンボール』)
nyao12村上春樹「1973年のピンボール」の最後の方のクライマックスの「僕」と「ひっそりとした場所にあったピンボール」が対話するシーンを2人で音読するという、読書会での余興をやったことあるんですけどめちゃめちゃ楽しかった。私はピンボール役です。ピンボールが女性の言葉づかいだったので。
chatwins_kageかつて、村上春樹の小説を片岡義男がリライトしたら、という試みで『1973年のピンボール』を左から右に文章練習したことがある。原稿用紙30枚くらいで終わってしまった記憶しかない。
Dokusyo_Rui「ねえ、誰かが言ったよ。ゆっくり歩け、そしてたっぷり水を飲めってね」(1973年のピンボール - 村上春樹)
LovelyQuoteBotまるで弔辞みたいだ。故人は誰とでも寝る女の子でした。from 村上春樹, 1973年のピンボール
snowbunnko『1973年のピンボール』/村上春樹やはりそれらしく春樹調。わかるようでわからないような、それでいて進む方向ははっきりと読める。不思議な環境に突然現れる人物、そして驚かず冷静すぎる程の主人公。最後に書かれた「やあ、と僕は言… https://t.co/h8WejHm2C7
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)