トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上春樹 > 1973年のピンボール

1973年のピンボール(村上春樹)

1973年のピンボール(著者:村上春樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:1973年のピンボール (講談社文庫)
  • 著者:村上 春樹
  • ページ数:192
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062749114
  • ISBN-13:9784062749114

村上春樹新刊

  • 発売日
    2019年6月14日
  • 書名
    運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー (角川文庫)
  • 発売日
    2019年4月25日
  • 書名
    文学2019
  • 発売日
    2019年3月28日
  • 書名
    騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(上) (新潮文庫)

1973年のピンボール関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上春樹のその他受賞歴(候補含む)

1973年のピンボール関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

writer_words「人間てのはね、驚くほど不器用にできてる。あんたが考えてるよりずっとね。」byジェイ  村上春樹「1973年のピンボール」 https://t.co/5z5h1gxoAD
raik_bot【三部作その1】有川浩の自衛隊三部作→塩の街、海の底、空の中宮本輝の川三部作→道頓堀川、螢川、泥の河火野葦平の兵隊三部作→麦と兵隊、土と兵隊、花と兵隊村上春樹の羊三部作→風の歌を聞け、1973年のピンボール、羊を巡る冒険… https://t.co/cFMIYoF4S9
ryu1111111独言65・今になって考えても村上春樹『風の歌を聴け』は、文体を含めて新鮮に感じた。面白かった。次作『1973年のピンボール』も面白かった。双子の登場と謎の存在だった直子。物語は3部作の最後として『羊を巡る冒険』に結実し、直子は『ノルウェイの森』で全貌を表す。
takahashi020202今日は「out」と「off」という前置詞を取り上げました。前置詞はイメージがとても大事。イメージ作りにもってこいの好例を村上春樹「1973年のピンボール」、「ゴッドファーザー」などからとってあります。「out of wo… https://t.co/WfxrWLhWiQ
sasaki_makoto1990 終焉をめぐって 1990.05.15 福武書店 ISBN:4-8288-2335-21995.06.10 講談社学術文庫 ISBN:4-0615-9179-7第1部 固有名をめぐって一九七〇年=昭和四十五年 ―… https://t.co/eLDXUk982B
LovelyQuoteBotまるで弔辞みたいだ。故人は誰とでも寝る女の子でした。from 村上春樹, 1973年のピンボール
Dokusyo_Rui「ねえ、誰かが言ったよ。ゆっくり歩け、そしてたっぷり水を飲めってね」(1973年のピンボール - 村上春樹)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)