トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上春樹 > 1973年のピンボール

1973年のピンボール(村上春樹)

1973年のピンボール(著者:村上春樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:1973年のピンボール (講談社文庫)
  • 著者:村上 春樹
  • ページ数:192
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062749114
  • ISBN-13:9784062749114

村上春樹新刊

  • 発売日
    2018年6月15日
  • 書名
    MONKEY vol.15 アメリカ短篇小説の黄金時代
  • 発売日
    2018年4月27日
  • 書名
    村上さんのところ (新潮文庫)
  • 発売日
    2018年4月10日
  • 書名
    ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫 む 5-15)

1973年のピンボール関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上春樹のその他受賞歴(候補含む)

1973年のピンボール関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

writer_words「行動が思想を決定する。逆は不可。」by土星生まれの彼が所属するあらせいじてきなグループのモットー  村上春樹「1973年のピンボール」 https://t.co/5z5h1gxoAD
fukuyaman特に印象に残ってるのが、中川大地さんが赤野工作先生、藤田祥平先生、アーネスト・クラインを念頭に、ゲーム文学にはフェイクドキュメンタリー的側面があるという指摘したこと。これはすごく目がうろこで、中川さんいわく、村上春樹の『1973年のピンボール』からあるとのこと。
fragments_bot「大学でスペイン語を教えています」と彼は言った。「砂漠に水を撒くような仕事です」(村上春樹『1973年のピンボール』)
Dokusyo_Rui「遠くから見れば大抵のものは綺麗に見える」(1973年のピンボール - 村上春樹)
raik_bot三部作その1有川浩の自衛隊三部作→塩の街、海の底、空の中宮本輝の川三部作→道頓堀川、螢川、泥の河火野葦平の兵隊三部作→麦と兵隊、土と兵隊、花と兵隊村上春樹の羊三部作→風の歌を聞け、1973年のピンボール、羊を巡る冒険喜多川歌麿の雪月花三部作→品川の月、吉原の花、深川の雪
LovelyQuoteBotまるで弔辞みたいだ。故人は誰とでも寝る女の子でした。from 村上春樹, 1973年のピンボール
takemaster2009村上 春樹  『1973年のピンボール』  講談社文庫 https://t.co/OOnoggwspp
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)