トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上春樹 > 1973年のピンボール

1973年のピンボール(村上春樹)

1973年のピンボール(著者:村上春樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:1973年のピンボール (講談社文庫)
  • 著者:村上 春樹
  • ページ数:192
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062749114
  • ISBN-13:9784062749114

1973年のピンボール関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上春樹のその他受賞歴(候補含む)

1973年のピンボール関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

LovelyQuoteBotもっともそれは誰がどう眺めまわしても苦労といった類のものではなかった。メロンが野菜に見えないのと同じことだ。from 村上春樹, 1973年のピンボール
raik_bot【三部作その1】有川浩の自衛隊三部作→塩の街、海の底、空の中宮本輝の川三部作→道頓堀川、螢川、泥の河火野葦平の兵隊三部作→麦と兵隊、土と兵隊、花と兵隊村上春樹の羊三部作→風の歌を聞け、1973年のピンボール、羊を巡る冒険… https://t.co/Se5xeZ25yQ
migite_music2@0boreru_ 村上春樹の1973年のピンボールです3部作の2作目なので、1作目の風の歌を聴けから読んだほうが楽しめます
Dokusyo_Rui「ねえ、誰かが言ったよ。ゆっくり歩け、そしてたっぷり水を飲めってね」(1973年のピンボール - 村上春樹)
fragments_bot「哲学の義務は」と僕はカントを引用した。「誤解によって生じた幻想を除去することにある。……配電盤よ貯水池の底に安らかに眠れ」(村上春樹『1973年のピンボール』)
schroder4561973年のピンボール ジム・ジャームッシュの映画かと思うくらいにダラダラした日常描写が全く楽しいものとして描かれずに常にドン詰まりの若者の自意識の発露として描かれる村上春樹節こそ、セカイ系的エンターテイメントのアーキタイプだと思えた。このダウナーな停滞感がクセになる。
smokers052煙草を買い忘れたので共同経営者からセブンスターを一箱もらいフィルターをちぎりとって反対側に火を点けて吸った。空はぼんやりと曇り、どこ までが空気でどこからが雲なのか見分けもつかない。『1973年のピンボール』村上春樹
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)