トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 深沢仁 > R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く

R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く(深沢仁)

R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く(著者:深沢仁)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く (このライトノベルがすごい!文庫)
  • 著者:深沢 仁
  • イラストレーター:前田 浩孝
  • ページ数:235
  • 出版社:宝島社
  • ISBN-10:4796686355
  • ISBN-13:9784796686358

R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.1.16 芥川賞に石井氏と若竹氏 直木賞に門井氏

    第158回芥川賞と直木賞の選考会が16日夜、東京で開かれ、芥川賞には石井遊佳さんと若竹千佐子さん、直木賞には門井慶喜さんの作品が選ばれました。

  • 2017.12.27 【今週はこれを読め! エンタメ編】本の愉しみが詰まった吉田篤弘『金曜日の本』

    「僕は金曜日に生まれた。」という書き出しにしびれるのは、私自身もまた金曜日生まれだからである。マザーグースの詩によれば、「金曜日生まれの子どもは愛情豊か(Friday's child is loving and giving)」だそうだ。個人的にはあまりこういう心理テスト的なものは信じていないが、著者の吉田さんについては当てはまっている気がする。

  • 2017.12.26 【今週はこれを読め! SF編】書いているのはタイプライターか私か? 狂っているのは誰か?

    マイクル・ビショップが頭角をあらわしたのは1970年代半ば。ジョン・ヴァーリイやジョージ・R・R・マーティンなどと並び、ニューウェイヴで先鋭化したアメリカSFを、やや伝統寄りスタイルに引き戻しながらも、小説的洗練と新しい時代の感覚をほどよく盛りこんだ俊英----という印象が強い。とりわけ邦訳がある『樹海伝説』と『焔の眼』は、文化人類学の発想で異質な文化、オルタナティブな世界観を鮮やかに提示した。

R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)