トップページ > 公募新人賞一覧 > 文藝賞 > 1985年−第22回 文藝賞

文藝賞

1985年−第22回 文藝賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文藝賞(ぶんげいしょう)は、1962年し、以降年1回発表されている。

第22回—1985年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

文藝賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文藝賞関連つぶやき

umudouzen【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/q8WL84iaHV
yurubngkbot文藝賞1962年に創設された文学賞で、河出書房新社が主催し、以降年1回発表されている。河出書房新社は同賞を小説ジャンルにおける「新人の登竜門」と位置づけて未発表の小説原稿を募集している。1962年(S37)~現在
books_american《明日入荷》第55回文藝賞受賞、日上秀之さんの『はんぷくするもの』(河出書房新社)岩手県縁の作品が文藝賞を受賞するのは、『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子さんに続いて2年連続!
birdgraphics①『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺太郎https://t.co/REvx02Z257人類は、地球に穴を貫けるのか?サラリーマン・鈴木が挑む地上最強のリアリティ・ショー。選考委員驚愕の第55回文藝賞受賞作。#本日発売 #お薦め本 https://t.co/U0UfHDjwDm
megumi0246小説「薄紅色の花びらの舞う」今日もちょっと推敲して原稿用紙83枚になったもう少し書き込んでいけば文藝賞に出せるかもしれない3月31日までゆっくりこの小説について考えていってそしたらたぶん100枚超えるんじ… https://t.co/7aMmFhw4oP
ninian_oneill文藝界の頂点とはどこなのだろう。直木賞?ノーベル文学賞?俗っぽいか。
nekogoukaku文藝賞受賞作のはんぷくするもの面白かった。受賞者の日上秀之という人はどっかで見た顔だと思ったら今年の太宰治賞で最終候補に残ってた人だった。そちらも読んでみたくなった。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)