トップページ > 公募新人賞一覧 > 文藝賞 > 2012年−第49回 文藝賞

文藝賞

2012年−第49回 文藝賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文藝賞(ぶんげいしょう)は、1962年し、以降年1回発表されている。

第49回—2012年(応募総数:2022)

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

文藝賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文藝賞関連つぶやき

kakidashitan【嬰ヘ短調*田端麦彦】壷は、青磁色に光っていた。 (第1回文藝賞中・短編部門受賞)
HahuHine5小説家を目指していた頃に、とある新人賞に応募した小説が3次選考まで進んだ事がある。結局、最終には残らず、私は小説家にならず今に至るのだけれど、文藝誌に自分のPNと作品名を見つけたときは興奮したなぁ。自分の妄想が人の手を使って具体化するような、ああいう興奮はもう随分味わっていない。
umudouzeneiyowotoro: 【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/q8WL840zQn
eiyowotoro【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/u0SzWqjhof
bungei_gakko【文藝学校:「最終選考に残ること」を目指す人たちへ5:吉田和明】なぜ目指すのが『新人賞』ではなく、「最終選考に残ること」なのかというと、賞を取るにはそれに加えて、(続)https://t.co/EcKgMcjOoS
Licht_Nought11月~は来年三月の小説賞に向けての製作期間となります。大きなところでは新潮すばる文藝などがありますね。一年は本当に短いです。ラノベ作品は現在なろうで修正作業中の作品で手一杯でしょう。はぁ。宝くじでもあたらんかな。あたったらずーっと缶詰生活するのにOrz
tibi_smile@BxAxF 羽田圭介さんのデビュー作だよ〜当時最年少で文藝賞取ってたから、母が見習いなさいって買ってきてくれた笑子どもに与えるものは先に自分も目を通さんとダメだね笑
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)