トップページ > 公募新人賞一覧 > 文藝賞 > 2012年−第49回 文藝賞

文藝賞

2012年−第49回 文藝賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文藝賞(ぶんげいしょう)は、1962年し、以降年1回発表されている。

第49回—2012年(応募総数:2022)

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

文藝賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文藝賞関連つぶやき

umudouzen【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/q8WL84iaHV
eiyowotoro【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/u0SzWqjhof
amelobquiz河出書房新社が発表する「文藝賞」を2003年の17歳の時に『黒冷水』(こくれいすい)で受賞、2015年には28歳の主人公、健斗が祖父の介護を通して高齢者と向き合う物語『スクラップ・アンド・ビルド』で第153回芥川賞を受賞した小説家は誰でしょう?
keritai275私は文藝賞目指します、本気だします
hafuneoo「文藝賞」の応募原稿、4日夕方になって「2017/04/03 11:40お届け先にお届け済み」という表示が。なんでこんなに遅れたのか。もしや代々木郵便局に問い合わせが殺到したのでレターパック紛失をごまかすためにそう発表しただけ、とか?実は河出書房新社には届いていない、とか?
orishiba『百色メガネ』をよみはじたが、これはとてもよい。トイレットペーパーで首をつる「例の行事」の後ろ向きな快感たまらない。知り合いに見せられない系の小説万歳。このころの文藝賞は選考委員が、島尾敏雄、江藤淳、小島信夫、野間宏、って何て豪華な……
megumi0246朝から、飼っていた赤い金魚を何ものかに食われたりして、ショックを受けながら、小説公募を検索したりしています。来年の3月まで、風景描写し続けるなら、文藝賞かな、と思ったのだけど、100枚を超えられる自信はない。やっぱ、11月30日〆切の、農民文学賞
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)