トップページ > 公募新人賞一覧 > 文藝賞 > 2012年−第49回 文藝賞

文藝賞

2012年−第49回 文藝賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文藝賞(ぶんげいしょう)は、1962年し、以降年1回発表されている。

第49回—2012年(応募総数:2022)

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

文藝賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文藝賞関連つぶやき

bungei_gakko【文藝学校:「最終選考に残ること」を目指す人たちへ5:吉田和明】なぜ目指すのが『新人賞』ではなく、「最終選考に残ること」なのかというと、賞を取るにはそれに加えて、(続)https://t.co/EcKgMcjOoS
amelobquiz河出書房新社が発表する「文藝賞」を2003年の17歳の時に『黒冷水』(こくれいすい)で受賞、2015年には28歳の主人公、健斗が祖父の介護を通して高齢者と向き合う物語『スクラップ・アンド・ビルド』で第153回芥川賞を受賞した小説家は誰でしょう?
puchi_bundanbar» 【前編】第53回文藝賞「青が破れる」町屋良平さん―言葉と小説の関係をめぐって https://t.co/60WMNRGhbt
umudouzeneiyowotoro: 【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/q8WL840zQn
eiyowotoro【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/u0SzWqjhof
iikwagen☆或る編集者の本に 西脇順三郎翁が 朝のラッシュ時 電車で出版社まで出向き原稿の漢字一字を修正したとか。當時の○○賞作家氏はルビだけをふつた空白の漢字を編集者任せだつたと。文藝に携はる者 文に嚴格なれとの教訓なり。
toyozakishatyou三島由紀夫賞受賞作家・山本昌代さんの『応為坦々録』(素晴らしい素晴らしい素晴らしい小説。ラストの突き放した一文にが鳥肌もの。文藝賞受賞作)もどこかで復刊してほしい。 https://t.co/jH4Luq7FwS
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)