トップページ > 公募新人賞一覧 > 新潮新人賞 > 1978年−第10回 新潮新人賞

新潮新人賞

1978年−第10回 新潮新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

新潮新人賞(しんちょうしんじんしょう)は、新潮社が主催する純文学の公募新人文学賞である。受賞作の発表は同社が刊行する文芸誌『新潮』で行われる。毎年3月31日締め切り。
純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、文學界新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。

第10回—1978年

受賞

  • 該当なし

その他の回のデータ(全データ一括表示

新潮新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

新潮新人賞関連つぶやき

gmai_yujinYujin/小山右人/作家/新潮新人賞の質問箱です最近回答した質問 → 「まんま、モテる為には、何が必要?」https://t.co/fUFoCZuXzt
yurubngkbot新潮新人賞新潮社が主催する純文学の公募新人文学賞である。受賞作の発表は同社が刊行する文芸誌『新潮』で行われる。2008年の第40回より評論・ノンフィクション部門を廃止し、小説のみの募集となった。1969年(S44)~現在
qmabungaku【連想】新潮新人賞を受賞しデビュー/『共喰い』『図書準備室』/2011年下半期の芥川賞受賞者/石原慎太郎を批判し話題にA.田中慎弥B.鹿島田真希C.円城塔D.葉室麟→A.田中慎弥(たなか しんや)
Toru_Fujikura新潮新人賞・三島賞受賞の三国美千子「いかれころ」、読了。note に感想をアップしました。
bikasebu(連想)1新潮新人賞を受賞しデビュー 2早稲田大学第二文学部出身 3、2012年の三島由紀夫賞受賞者 4『私のいない高校』 A青木淳悟/(連想)1兄・宗典も小説家 2早稲田大学第二文学部出身 3、2012年の山本周五郎賞受賞者 4『楽園のカンヴァス』 A原田マハ
USAGIYATSUTAYA『いかれころ』縁談話が持ち上がった南大阪のある一族。やおらざわめき始める親戚縁者たちの姿が幼女の視点で描かれます。〈「ほんま私は、いかれころや」河内弁で「完膚なきまでやられた」のは誰か―。〉デビュー作にして三島由紀夫賞、新… https://t.co/dGquheUmkF
write_express文學界新人賞にもリベンジしたい一方で、新潮新人賞に舵を切りたいのもある。文學界新人賞の講評もまだ読んでなければ傾向と対策もしていないから、諦めるべきではなさそう。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)