トップページ > 公募新人賞一覧 > 文學界新人賞 > 2006年−第102回 文學界新人賞

文學界新人賞

2006年−第102回 文學界新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文學界新人賞(ぶんがくかいしんじんしょう)は、 文藝春秋が発行する文芸雑誌『文學界』の公募新人賞である。年に1度募集され、受賞作は『文學界』5月号に掲載される。受賞者には賞金50万円と記念品が与えられる。規定枚数が400字詰原稿用紙で70 - 150枚と、他の純文学系文芸誌が主催する新人文学賞と比べて短めであることが特徴的である。毎年9月末日が締切日。ウェブサイトでの応募も受け付けている。
純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。

第102回—2006年

文學界新人賞

島田雅彦奨励賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

文學界新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文學界新人賞関連つぶやき

yurubngkbot九州芸術祭文学賞公益財団法人九州文化協会が九州・沖縄各県、福岡市・北九州市・熊本市の3政令指定都市との共催で運営、公募する新人賞である。応募資格は九州(沖縄を含む)在住者に限られる。受賞作は『文學界』4月号に掲載されるともに、作品集が刊行される。1970年(S45)~現在
J870BdB9ygRx1Scまた新しい小説を書きはじめちゃったよ。来年の文學界新人賞に出すやつ。
no_koriga@twobonai 文學界新人賞の選考委員のコメントも痺れます
respect_rimbaud僕のメシアとしての連作は、三部作になり、第一部が、自費出版している「或る過去」で、第二部が、今、文學界新人賞の選考に掛けられている「ネオ「神曲」」で、第三部が、これから書く「期限つきのメシア」だ。ここから先は、妄想力が無いと次の小説は書けない。
3purple_asa9月末に文學界新人賞へ、10月末に三田文学新人賞へ小説を出し終え、今は来年3月末の文藝新人賞か、1月末の地方の文学賞に出すつもりで新たに書き始めてたんだけど、ちょっとホラーになりそうな予感…ホラー系の公募、なんかないかな?(まだホラーと決まったわけではないけどね)
ichi_twnovelマスターが最終候補になられたのは、第1回創元SF短編賞、第110回文學界新人賞、第10回小松左京賞、第4回 ダ・ヴィンチ文学賞、ホワイトハート新人賞2010年下期の5つの文学賞でございます。
lilika_toyama【新着雑誌 中央図書館】キネマ旬報:ミステリーと映画の蜜月人文地理群像:群像新人評論賞発表文學界:書くことを「仕事」にする新潮:差別と想像力―「新潮45」問題から考える数学教室:今求められる算数・数学③ 化学と工業Chemistry letters
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)