トップページ > 公募新人賞一覧 > 群像新人文学賞 > 2012年−第55回 群像新人文学賞

群像新人文学賞

2012年−第55回 群像新人文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。
純文学系の新人賞には他に、新潮新人賞、文學界新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。『群像』主催の賞には他に、群像新人長編小説賞がある。
2014年までは、小説部門と評論部門の2部門に分かれていたが、2015年からは、小説のみが選考対象となり、評論部門は本賞から独立し、群像新人評論賞と名を変えて新たにスタートした。群像新人評論賞についても、本項で記述する。

第55回—2012年(応募総数:1618)

群像新人文学賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

群像新人文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

群像新人文学賞関連つぶやき

TakaKunieda卒業生が送ってくれた「群像」。新人文学賞の当選作、北条裕子「美しい顔」。震災を題材にした1人称語りの作品。日常と非日常、生と死の切り分けの否認のうちで、明確に意識もできない錯綜した言葉だけが流れ出る。だがやがて死者への想いのうちに… https://t.co/cbz64T6XX3
manekineko14130/10/31 群像新人文学賞
Hiroko_NK「群像」新人文学賞の北条裕子「美しい顔」を読みたくて…6月号はすでに本屋の棚にはなく、取り寄せ手元に。 https://t.co/BdnIz0tuxO
yurikomorio第三回プルーストを読破@proust_rikkyo で講師をされた石橋正孝先生が『ジュール・ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション II 地球から月へ 月を回って 上も下もなく』の翻訳で、第23回日仏翻訳文学賞を受賞。61回の群像新… https://t.co/a4UDepKfKo
novelist_debut●中町信 『新人文学賞殺人事件』 (1973年6月) ※現在は『模倣の殺意』 (2004年8月)と改題 実質的なデビュー作は短編『偽りの群像』 (1967年)
mihoshi_m群像新人文学賞受賞作、北条裕子『美しい顔』読んだ。ひるんだ。災害を直截的に描けば悲劇になるのではと本作の主題とのパラドックスがちらりとよぎったけど、被災者から1ミリも目を逸らさない気迫にひるんだ。高台から津波に飲まれる人を見るシー… https://t.co/b6crCnxv5g
motoietchika『海を感じる時』原作の中沢けい、18歳(明治大学1年)で群像新人文学賞とってデビュー、21歳で出版社社員と結婚、二児を産んだが離婚、って作品と世界観がクロスオーバーしててすごい
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)