トップページ > 公募新人賞一覧 > 群像新人文学賞 > 一括表示

群像新人文学賞

群像新人文学賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。
純文学系の新人賞には他に、新潮新人賞、文學界新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。『群像』主催の賞には他に、群像新人長編小説賞がある。
2014年までは、小説部門と評論部門の2部門に分かれていたが、2015年からは、小説のみが選考対象となり、評論部門は本賞から独立し、群像新人評論賞と名を変えて新たにスタートした。群像新人評論賞についても、本項で記述する。

第55回2012年(応募総数:1618)

群像新人文学賞

第54回2011年(応募総数:1850)

群像新人文学賞

第53回2010年(応募総数:1884)

群像新人文学賞

群像新人文学賞

第52回2009年(応募総数:1994)

群像新人文学賞

第51回2008年(応募総数:2062)

群像新人文学賞

第50回2007年(応募総数:1889)

群像新人文学賞

第49回2006年

群像新人文学賞

群像新人文学賞

優秀賞

第48回2005年(応募総数:1681)

群像新人文学賞

第47回2004年

群像新人文学賞

優秀賞

第46回2003年

群像新人文学賞

優秀賞

優秀賞

第45回2002年

群像新人文学賞

群像新人文学賞

第44回2001年

群像新人文学賞

優秀賞

第43回2000年

群像新人文学賞

第42回1999年

群像新人文学賞

  • 該当なし

第41回1998年

群像新人文学賞

  • 該当なし

優秀賞

第40回1997年

群像新人文学賞

第39回1996年

群像新人文学賞

  • 該当なし

優秀賞

第38回1995年

群像新人文学賞

  • 該当なし

優秀賞

優秀賞

第37回1994年

群像新人文学賞

第36回1993年

群像新人文学賞

  • 該当なし

優秀賞

第35回1992年

群像新人文学賞

  • 該当なし

優秀賞

第34回1991年

群像新人文学賞

第33回1990年

群像新人文学賞

第32回1989年

群像新人文学賞

  • 該当なし

優秀賞

第31回1988年

群像新人文学賞

第30回1987年

群像新人文学賞

群像新人文学賞

第29回1986年

群像新人文学賞

第28回1985年

群像新人文学賞

優秀賞

第27回1984年

群像新人文学賞

第26回1983年

群像新人文学賞

第25回1982年

群像新人文学賞

  • 該当なし

優秀賞

第24回1981年

群像新人文学賞

第23回1980年

群像新人文学賞

第22回1979年

群像新人文学賞

第21回1978年

群像新人文学賞

群像新人文学賞

第20回1977年

群像新人文学賞

  • 該当なし

優秀賞

優秀賞

第19回1976年

群像新人文学賞

優秀賞

第18回1975年

群像新人文学賞

優秀賞

群像新人文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

群像新人文学賞関連つぶやき

akutagawa_syou“大型新人”として登場以来25年、文学的成熟を深めて来た大庭みな子の、あらためてその先駆性を刻印する初期世界。群像新人賞・芥川賞両賞を圧倒的支持で獲得した衝撃作。芥川賞受賞作『三匹の蟹』大庭みな子
RNobuto『雑文集』での和田誠さんの話によると、村上春樹氏は群像新人文学賞を受賞した際のスピーチで、ロス・マクドナルドの小説が好きなので、リュウ・アーチャーにあやかってペンネームを村上リュウにしようかと思ったら、先に村上龍がいた、と語ったらしい。デビュー時からこんな挨拶するとは大物ですね。
yurubngkbot群像新人文学賞講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。1958年(S33)~現在
IggyOrg村上春樹は 群像新人文学賞を取って華々しくデビューしたけど、直木賞も芥川賞も取ってないんだよなぁ。無冠の王者と言えば聞こえはいいが、それを飛び越してノーベル文学賞はやはり難しいのかもしれない。
ulumnaffいちおう仕上がりました。まあギリギリホラー要素あるかな? くらいですが、書いたことないジャンルは新鮮で書いてておもしろいですね(辛いけど)。次は月末の群像新人文学賞かな(´・ω・`)毎月短編1本長編1本くらいのペースで書きたいですね(^-^)/
7mitsubachiノーベル文学賞有力候補 多和田葉子さん(59) 「かかとを失くして」で群像新人文学賞、「犬婿入り」で芥川賞、『容疑者の夜行列車』で谷崎潤一郎賞、『雪の練習生』で野間文芸賞、全米図書賞(翻訳文学部門)、独クライスト賞など海外の文学賞… https://t.co/BJomAiR2Vh
mona21682人生は本当はシンプルなものでむずかしくしているのはわたしたち自身なのだ村上 龍(1952-)小説家。『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)