トップページ > 公募新人賞一覧 > 太宰治賞 > 2009年−第25回 太宰治賞

太宰治賞

2009年−第25回 太宰治賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

太宰治賞(だざいおさむしょう)は、三鷹市と筑摩書房が共同で主催する公募新人文学賞である。
第1回から第14回までは筑摩書房のみで行っていたが業績悪化に伴い休止、太宰治没50年の1999年より現在の形となり、年1回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円(2008年実績)が授与される。
選考委員は加藤典洋・荒川洋治・奥泉光・中島京子の4名。締め切りは12月10日。

第25回—2009年(応募総数:1249)

太宰治賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

太宰治賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

太宰治賞関連つぶやき

TQC33rd_bot【061】代表作にNHKの連続テレビ小説『純情きらり』の原案となった『火の山-山猿記』や第一回野間文芸新人賞を受賞した『光の領分』がある、太宰治の娘である作家は誰でしょう?
akutagawa_syou河の流れの側で繰り広げられる人々のいとなみーー。まだ焼跡の名残りを伝えていた、昭和30年の大阪の町を舞台に、河畔に住む少年と、河に浮かぶ廓船で育つ姉弟のつかの間の交友を、不思議な静寂のうちに描く、太宰治賞受賞作「泥の河」。芥川賞受賞作『螢川』宮本輝
ISOGAI_110日前から栗林佐知さんの『ぴんはらり』を探していました。10年ほど前の太宰治賞受賞作品。賞の性格からして「図書館架蔵書だけど流通量は少ない本」。ネットで半年かなぁと図書館で借りてみたのですが、これは持っていたい本。そこで神保町を… https://t.co/RxaPUGVh3r
manekineko14112/10第34回太宰治賞 50~300枚 100万 消印
bungakutan芥川龍之介賞は、1927年に死去した芥川龍之介を称えて、1935年に菊池寛が創設した賞です。年に2回、上半期と下半期に発表されます。第一回に太宰治が候補になりましたが落選してしまい、その時に選考委員だった川端康成の批評に対して、太宰は抗議の手紙を送りました。
rairen_bot1:広島県出身の作家 2:2010年の太宰治賞受賞者 3:2011年の三島由紀夫賞受賞者 4:「こちらあみ子」 A:今村夏子
3ijyo9太宰治が川端康成に、「どうか芥川賞を私にください!」ってお手紙かいて、川端康成が「太宰くんは作品はいいけど人としてちょっと…」って賞をあげなかったら、太宰が「小鳥を飼い、舞踏を見るのがそんなに立派な生活なのか。刺す。そうも思った」って誌面で返事寄越したの最高に太宰らしくて好き。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)