トップページ > 公募新人賞一覧 > 太宰治賞 > 2012年−第28回 太宰治賞

太宰治賞

2012年−第28回 太宰治賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

太宰治賞(だざいおさむしょう)は、三鷹市と筑摩書房が共同で主催する公募新人文学賞である。
第1回から第14回までは筑摩書房のみで行っていたが業績悪化に伴い休止、太宰治没50年の1999年より現在の形となり、年1回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円(2008年実績)が授与される。
選考委員は加藤典洋・荒川洋治・奥泉光・中島京子の4名。締め切りは12月10日。

第28回—2012年(応募総数:1212)

太宰治賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

太宰治賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

太宰治賞関連つぶやき

bzliker10316占領期文化マルクス主義復活考古学が盛んに丸山真男の政治学大塚久雄の経済史学1949年湯川秀樹ノーベル賞日本学術会議1950年文化財保護法太宰治、坂口安吾美空ひばり 黒澤明1951年ラジオ民間放送#終戦
manekineko14112/10第34回太宰治賞 50~300枚 100万 消印
qmabungaku【連想】講演「美しい日本の私」/1972年にガス自殺/小説『伊豆の踊子』『雪国』/日本人初のノーベル文学賞A.芥川龍之介B.川端康成C.夏目漱石D.太宰治→B.川端康成(かわばた やすなり)
kafspri #私の人生を狂わせた本 やはり月並みだが、近代文学では、太宰治「人間失格」。現代文学では、ノーベル文学賞にやたら盛り上がるハルキストたちに「やれやれ」な、村上春樹「ノルウェイの森」かな。
dangan太宰治の続編書いた 新約聖書の続編書いた そしたら文学賞をもーらったー
6wY2Sh6ntfuMbQuそして、キャラクター賞に太宰治が入ってる!!おめでとう!!
bungakutan芥川龍之介賞は、1927年に死去した芥川龍之介を称えて、1935年に菊池寛が創設した賞です。年に2回、上半期と下半期に発表されます。第一回に太宰治が候補になりましたが落選してしまい、その時に選考委員だった川端康成の批評に対して、太宰は抗議の手紙を送りました。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)