トップページ > 終了・停止した公募新人賞一覧 > ダ・ヴィンチ文学賞 > 2011年−第6回 ダ・ヴィンチ文学賞

ダ・ヴィンチ文学賞

2011年−第6回 ダ・ヴィンチ文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。
ジャンルは参考程度でお考えください。作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

ダ・ヴィンチ文学賞(ダ・ヴィンチぶんがくしょう)は、メディアファクトリーの雑誌『ダ・ヴィンチ』で募集されていた新人文学賞である。400字詰め原稿用紙換算で100枚から200枚の小説を募集した。作品のジャンルは不問。受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作(またはそれを含む作品集)がメディアファクトリーから刊行された。
大賞以外の賞金は、優秀賞・読者賞が20万円、編集長特別賞が10万円。
2012年の第7回をもって終了し、後継の賞として募集内容を「本にまつわる物語」に限定したダ・ヴィンチ「本の物語」大賞が設けられた。

第6回—2011年(応募総数:628)

大賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

ダ・ヴィンチ文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.1.28 【今週はこれを読め! SF編】悲しげな歌を歌う怪獣、全体主義に抗う《人間》

    原著は1965年刊。邦訳は、まず67年に大光社《ソビエトS・F選集》の一冊として『怪獣17P』の題名で刊行、78年にはサンリオSF文庫で原題に即した『旅に出る時ほほえみを』として再刊、そして歳月を経たいま、こうして白水Uブックス《海外小説 永遠の本棚》に収められた。つごう三回、それぞれ傾向の異なるレーベルで、それぞれの読者層へと届けられたわけだ。それだけの力を持った名作である。

  • 2020.1.25 【今週はこれを読め! ミステリー編】〈ミレニアム〉シリーズ、堂々完結!

    『ミレニアム6 死すべき女』はダヴィド・ラーゲルクランツによる新〈ミレニアム〉三部作の最終章にあたる作品だ。ご存じのとおり〈ミレニアム〉三部作の著者はスウェーデン生まれの作家スティーグ・ラーソンだが、彼は作品を書き上げたあとの2004年に亡くなってしまった。2005年に刊行が始まると過去に例がないほどの売り上げを記録し、全世界で翻訳されてベストセラーとなった。ドイツなどの近隣諸国にまで影響を与え、文字通り北欧ミステリーを変えた里程標的作品となったのである。

  • 2020.1.25 作家の読書道 第214回:凪良ゆうさん

    引き離された男女のその後の時間を丁寧に描く『流浪の月』が大評判の凪良ゆうさん。もともとボーイズラブ小説で人気を博し、『神さまのビオトープ』で広い読者を獲得、新作『わたしの美しい庭』も好評と、いま一番勢いのある彼女ですが、幼い頃は漫画家志望だったのだとか。好きだった作品は、そして小説を書くようになった経緯とは。率直に語ってくださっています。

ダ・ヴィンチ文学賞関連つぶやき

umudouzeneiyowotoro: 【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/54WhnxonAt
eiyowotoro【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/RL142bvX80
kimiharu666月刊誌『ダ・ヴィンチ』の「ダ・ヴィンチ文学賞」 で、第3回大賞を受賞、2008年に刊行された真藤順丈氏の...『地図男 (MF文庫ダ・ヴィンチ)』真藤 順丈 ☆3 https://t.co/vMS1MI7Gej
mai54maitkダ・ヴィンチの新人文学賞の読者審査員も何年かやったし夏休み時期には児童向け推薦図書のレビューも書いてた。作家さん御本人や出版社の公式ブログから記事をトラックバックしてもらったりすると嬉しかったけど再就職した途端オタク返りしたのでその趣味はそこで途絶えてしまったのでした。
totsugekinissi「ダ・ヴィンチ渾身 本気で小説を書きたい人のためのガイドブック(ダ・ヴィンチ編集部 編/メディアファクトリー)」、読了。雑誌、『ダ・ヴィンチ』掲載の、対談・座談会・コラム・小説家インタビュー、編集者インタビュー、文学賞分析。… https://t.co/7hrEN49xed
ichi_twnovelマスターが最終候補になられたのは、第1回創元SF短編賞、第110回文學界新人賞、第10回小松左京賞、第4回 ダ・ヴィンチ文学賞、ホワイトハート新人賞2010年下期の5つの文学賞でございます。
natunoa725ダ・ヴィンチ新人賞に小説を応募したとき。文学学校に通っていたとき。龍の髭とライラックを書いた時。うつ病からきたパニックと戦った時。 #peing #質問箱 https://t.co/I6pdIKwV07
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)