トップページ > 終了・停止した公募新人賞一覧 > ダ・ヴィンチ文学賞

ダ・ヴィンチ文学賞

ダ・ヴィンチ文学賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。
ジャンルは参考程度でお考えください。作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

ダ・ヴィンチ文学賞(ダ・ヴィンチぶんがくしょう)は、メディアファクトリーの雑誌『ダ・ヴィンチ』で募集されていた新人文学賞である。400字詰め原稿用紙換算で100枚から200枚の小説を募集した。作品のジャンルは不問。受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作(またはそれを含む作品集)がメディアファクトリーから刊行された。
大賞以外の賞金は、優秀賞・読者賞が20万円、編集長特別賞が10万円。
2012年の第7回をもって終了し、後継の賞として募集内容を「本にまつわる物語」に限定したダ・ヴィンチ「本の物語」大賞が設けられた。

第7回2012年(応募総数:478)

参考情報:結果発表

大賞

  • 該当なし

第6回2011年(応募総数:628)

大賞

第5回2010年

大賞

  • 該当なし

読者賞

第4回2009年

大賞

第3回2008年

大賞

読者賞

編集長特別賞

第2回2007年

大賞

編集長特別賞

第1回2006年

大賞

優秀賞

優秀賞

編集長特別賞

ダ・ヴィンチ文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.9.19 「芥川・直木賞」、新選考委員に松浦寿輝氏と角田光代氏

    日本文学振興会はこのほど、「芥川龍之介賞」の選考委員に松浦寿輝氏、「直木三十五賞」の選考委員に角田光代氏が就くことを発表した。これにより、「芥川賞」の選考委員は9人(男性6人・女性3人)、「直木賞」は同9人(男性4人・女性5人)となった。

  • 2019.9.18 【今週はこれを読め! エンタメ編】兄弟姉妹と花言葉の短編集〜古内一絵『アネモネの姉妹 リコリスの兄弟』

    本書の帯には「兄弟姉妹に一度でも仄暗い感情を抱いたことのあるあなたへ」とある。兄弟姉妹がいれば、「仄暗い」とまでいかないにしても一度たりとも衝突したことがないとは考えにくいし、逆にそうやって互いに成長していけるのが醍醐味ともいえる。ひとりっ子にはひとりっ子のよさがあるだろうし、世間でよく言われるように「きょうだいがいないとかわいそう」といったもの言いには意味がないと思うけれども、それでも兄弟姉妹がいなければ経験できない喜びあるいはつらさというものは確実に存在する。

  • 2019.9.17 【今週はこれを読め! SF編】SFというジャンルを問い直しつづけた年刊傑作選の、これが最終巻。

    2008年刊行の『虚構機関』から12巻を数えた《年刊日本SF傑作選》もこれが最終巻。前年に発表された作品のなかから(しかも掲載媒体を問わず)、優れたSFを選びぬくという途轍もない労力をたゆまずにつづけてきた編者のおふたりには、感謝の気持ちしかない。このアンソロジーのおかげで現代日本SFの見通しがぐんと良くなった。傑作の紹介だけにとどまらず、SFというジャンルを問い直す契機を与えてくれた。

ダ・ヴィンチ文学賞関連つぶやき

umudouzen【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/54WhnxFYs1
mai54maitkダ・ヴィンチの新人文学賞の読者審査員も何年かやったし夏休み時期には児童向け推薦図書のレビューも書いてた。作家さん御本人や出版社の公式ブログから記事をトラックバックしてもらったりすると嬉しかったけど再就職した途端オタク返りしたのでその趣味はそこで途絶えてしまったのでした。
eiyowotoro【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/RL142bvX80
totsugekinissi「ダ・ヴィンチ渾身 本気で小説を書きたい人のためのガイドブック(ダ・ヴィンチ編集部 編/メディアファクトリー)」、読了。雑誌、『ダ・ヴィンチ』掲載の、対談・座談会・コラム・小説家インタビュー、編集者インタビュー、文学賞分析。… https://t.co/7hrEN49xed
ichi_twnovelマスターが最終候補になられたのは、第1回創元SF短編賞、第110回文學界新人賞、第10回小松左京賞、第4回 ダ・ヴィンチ文学賞、ホワイトハート新人賞2010年下期の5つの文学賞でございます。
natunoa725ダ・ヴィンチ新人賞に小説を応募したとき。文学学校に通っていたとき。龍の髭とライラックを書いた時。うつ病からきたパニックと戦った時。 #peing #質問箱 https://t.co/I6pdIKwV07
CgFqlYj70Aft4cR朱野帰子さんは、ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞し作家デビュー。徹底的な取材と軽快な書きぶりによる作風です。 朱野帰子さんの本を紹介します。#朱野帰子#わたし定時で帰ります#おすすめ本⇒… https://t.co/ErTpl2zL7f
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)