トップページ > 終了・停止した公募新人賞一覧 > ダ・ヴィンチ文学賞

ダ・ヴィンチ文学賞

ダ・ヴィンチ文学賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。
ジャンルは参考程度でお考えください。作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

ダ・ヴィンチ文学賞(ダ・ヴィンチぶんがくしょう)は、メディアファクトリーの雑誌『ダ・ヴィンチ』で募集されていた新人文学賞である。400字詰め原稿用紙換算で100枚から200枚の小説を募集した。作品のジャンルは不問。受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作(またはそれを含む作品集)がメディアファクトリーから刊行された。
大賞以外の賞金は、優秀賞・読者賞が20万円、編集長特別賞が10万円。
2012年の第7回をもって終了し、後継の賞として募集内容を「本にまつわる物語」に限定したダ・ヴィンチ「本の物語」大賞が設けられた。

第7回2012年(応募総数:478)

参考情報:結果発表

大賞

  • 該当なし

第6回2011年(応募総数:628)

大賞

第5回2010年

大賞

  • 該当なし

読者賞

第4回2009年

大賞

第3回2008年

大賞

読者賞

編集長特別賞

第2回2007年

大賞

編集長特別賞

第1回2006年

大賞

優秀賞

優秀賞

編集長特別賞

ダ・ヴィンチ文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.10.20 【今週はこれを読め! ミステリー編】埋もれた人生を探っていくインドリダソン『湖の男』

    大事な本を一冊お薦めし忘れていたのである。いかんいかん。アーナルデュル・インドリダソン『湖の男』(東京創元社)は今年の必読書の1冊だ。

  • 2017.10.20 角川文化振興財団、第39回「角川源義賞」を決定

    10月19日、第39回「角川源義賞」2部門の受賞作を発表。文学研究部門には佐々木孝浩氏の『日本古典書誌学論』(笠間書院)、歴史研究部門には上原兼善氏の『近世琉球貿易史の研究』(岩田書院)が選ばれた。

  • 2017.10.19 【書評】『つぼみ』宮下奈都

    30代半ば、身内と愛犬が3年の間に相次いで亡くなり、仕事にも行き詰まりを感じ、打ちのめされていた時期がありました。その頃に出会った『スコーレNo.4』は、私をゆるやかに再生へと導いてくれた作品でした。ひとりの少女が大人へと成長する過程がとても丹念に描かれたこの物語を読み終えたとき、当時暗闇だった胸の奥底に、小さく明かりが灯ったように感じたのを思い出します。


ダ・ヴィンチ文学賞関連つぶやき

umudouzen【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/54WhnxFYs1
mizzkit_killaノーベル文学賞受賞されたMr.イシグロの本はいづれも出版社品切れ重版待ちなので注文しようと思う人はヘタすりゃ一ヶ月以上待ち覚悟で注文どうぞ!今日発売の『ダ・ヴィンチ11月号』は出版社も品切れで重版未定なので取り寄せ不可だよ!買おうとして見つけたなら買っておこう!
eiyowotoro【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/RL142bvX80
NorthernStagsジョン・レノンって絵画を突き詰めてればダ・ヴィンチやゴッホ並みの評価を得てたかもしれないし詩作を突き詰めてればノーベル文学賞を取れてたかもしれないしギターを突き詰めてればクラプトンやジミ・ヘンドリックス以上のギタリストになってたかもしれない程の才能とセンスがあったと思うんだけど
ichi_twnovelマスターが最終候補になられたのは、第1回創元SF短編賞、第110回文學界新人賞、第10回小松左京賞、第4回 ダ・ヴィンチ文学賞、ホワイトハート新人賞2010年下期の5つの文学賞でございます。
bigriver_45ダ・ヴィンチに紗倉まなさんの書き下ろし小説載ってるの読みたい。紗倉まなさん、将来なにかしら文学賞獲ってもおかしくないと思うし、獲ってもらいたい!
37to2@sara_plus そうかな?そうかな?でもぼくは気づいただけだしやっぱこれを書いたサラさんもすごいよ!誤字無い上に思わず引き込まれたしダ・ヴィンチ文学賞狙えるレベル! のだ!
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)