トップページ > 公募新人賞一覧 > 小説すばる新人賞 > 1994年−第7回 小説すばる新人賞

小説すばる新人賞

1994年−第7回 小説すばる新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

小説すばる新人賞(しょうせつすばるしんじんしょう)は、集英社が発行する小説誌『小説すばる』の公募新人文学賞である。年1回発表されている。受賞者には正賞として賞牌、副賞として200万円が授与される(第19回までは100万円)。小説すばる新人賞、柴田錬三郎賞、すばる文学賞、開高健ノンフィクション賞の4賞を、集英社出版四賞という。2016年時点で、同賞の最年少受賞記録は、16歳で受賞した青羽悠(第29回)。

第7回—1994年

その他の回のデータ(全データ一括表示

小説すばる新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小説すばる新人賞関連つぶやき

haibara_yuuこれが小説すばる新人賞を獲ったっていうのはすごい希望を感じる。
memory__erasing@wasedalinks ちょっと気になったのですが…第29回小説すばる新人賞です。「すばる」が抜けてます!あと、リンク先に「すばる文学賞を受賞した〜」とありますが、奥田さんはすば文、青羽さんは小すばで、すば文と小すばは別々の賞です!
kimigasyousetuk読書の秋に、受賞作品を読もっと☺️第62回江戸川乱歩賞QJKJQ 著:佐藤 究第9回アガサクリスティー賞大賞 窓から見える最初のもの 著:村木美涼優秀賞 殺生関白の蜘蛛 著:日野真人第30回小説すばる新人賞天龍院亜希子の日記 著:安壇美緒#小説
ohshima_twすばる文学賞は須賀ケイさんの「わるもん」 小説すばる新人賞は若利恒一さんの「闇夜の底で踊れ」 https://t.co/aFsXmfTHUJ @Sankei_newsから
sumikiamano2解説は小説すばる新人賞の大先輩、「小説フランス革命」の佐藤賢一先生ですよ。「天野純希はロックな小説家である」という最高の褒め言葉をいただきましたよ。
Sumiya_Yoshino小説現代長編新人賞・集英社コバルト短編新人賞計3回分(5作品)・文藝賞・新潮新人賞・すばる文学賞・小説すばる新人賞・オール讀物新人賞……計11作品、全部第一次審査落ち‼笑小説家を目指して10ヵ月、まあ、こんなもんだよね。ダメ… https://t.co/Sae3XGrtnx
moenijigazoo22すばる文学賞は須賀ケイさんの「わるもん」 小説すばる新人賞は若利恒一さんの「闇夜の底で踊れ」 https://t.co/JfGdpcBC8P
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)