トップページ > 公募新人賞一覧 > 小学館文庫小説賞 > 2003年−第4回 小学館文庫小説賞

小学館文庫小説賞

2003年−第4回 小学館文庫小説賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

小学館文庫小説賞(しょうがくかんぶんこしょうせつしょう)は、小学館が2001年より主催する公募の新人文学賞。長編小説を募集する。対象は「ストーリー性豊かなエンタテイメント小説」とされており、ジャンルは問わない。受賞作は原則として小学館より四六判で刊行されている。
日本語で書かれた未発表の長編小説を募集する。プロ・アマは問わない。枚数は、40字×40行のA4サイズの用紙で75枚(12万字)から200枚(32万字)まで。選考は、小学館「文庫・文芸」編集部が行う。受賞者には記念品と副賞100万円が与えられる。

第4回—2003年

小学館文庫小説賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

小学館文庫小説賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小学館文庫小説賞関連つぶやき

AwardAuthor神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。夏目漱石を敬愛し、ハルさんを愛する青年は、信州にある「24時間、365日対応」の病院で、今日も勤務中。読んだ人すべての心を温かくする、新たなベストセラー。第十回小学館文庫小説賞受賞。本屋大賞2位受賞作『神様のカルテ』夏川草介
matsunosuke_35第十九回小学館文庫小説賞受賞作『ほどなく、お別れです』長月雨音https://t.co/Ufl9Shg2kM
dokushosalon【短編集】遠野りりこ著『マンゴスチンの恋人』雌だけで実を結ぶマンゴスチン、栄養状態によって性転換するテンナンショウ、両性花と雄花が咲くブラックサレナ、種を作れないヒガンバナ、それぞれを象徴とする物語集。第12回小学館文庫小説賞受賞。 https://t.co/nSHmtomUvf
mmmichy【拝啓、本が売れません/額賀 澪】松本清張賞と小学館文庫小説賞を別の作品で同時期に受賞する、という派手なデビューをし、さらに『タスキメシ』で課題図書にも選ばれた若き著者が、出版業界のキーマンに取… → https://t.co/yndMlrn670 #bookmeter
ykk1223『ウズタマ』額賀澪(ぬかがみお)28歳2015年、『ヒトリコ』小学館文庫小説賞&『屋上のウインドノーツ』松本清張賞のダブル受賞。 https://t.co/IdcznoXNrE
AsahiyaSinkosi著者さんは安倍雄太郎さん(第十八回小学館文庫小説賞受賞)千年さん(舞台脚本等々)日向夏さん(ヒーロー文庫「薬屋のひとりごと」シリーズ)内藤了さん(角川文庫「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズ)七海花音さん(小学館パレッ… https://t.co/K4cE15ywhd
charabun_sho【本日2/22発売!!】『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎 著)小学館文庫小説賞受賞のデビュー作です! フレッシュな感性たっぷりで書いた幽霊との恋物語です。#安倍雄太郎 #君のいない町が白く染まる #デビュー #キャラブン! https://t.co/uH2S7M37Pq
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)