トップページ > 公募新人賞一覧 > 小学館文庫小説賞 > 2005年−第6回 小学館文庫小説賞

小学館文庫小説賞

2005年−第6回 小学館文庫小説賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

小学館文庫小説賞(しょうがくかんぶんこしょうせつしょう)は、小学館が2001年より主催する公募の新人文学賞。長編小説を募集する。対象は「ストーリー性豊かなエンタテイメント小説」とされており、ジャンルは問わない。受賞作は原則として小学館より四六判で刊行されている。
日本語で書かれた未発表の長編小説を募集する。プロ・アマは問わない。枚数は、40字×40行のA4サイズの用紙で75枚(12万字)から200枚(32万字)まで。選考は、小学館「文庫・文芸」編集部が行う。受賞者には記念品と副賞100万円が与えられる。

第6回—2005年(応募総数:571)

小学館文庫小説賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

小学館文庫小説賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小学館文庫小説賞関連つぶやき

manekineko1419/30第19回小学館文庫小説賞 300~400枚 100万 神様のカルテット他
AwardAuthor神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。夏目漱石を敬愛し、ハルさんを愛する青年は、信州にある「24時間、365日対応」の病院で、今日も勤務中。読んだ人すべての心を温かくする、新たなベストセラー。第十回小学館文庫小説賞受賞。本屋大賞2位受賞作『神様のカルテ』夏川草介
dokushosalon【短編集】遠野りりこ著『マンゴスチンの恋人』雌だけで実を結ぶマンゴスチン、栄養状態によって性転換するテンナンショウ、両性花と雄花が咲くブラックサレナ、種を作れないヒガンバナ、それぞれを象徴とする物語集。第12回小学館文庫小説賞受賞。 https://t.co/nSHmtomUvf
CEJZ_【ハガキ職人タカギ! (小学館文庫)/風 カオル】1P16行。第15回小学館文庫小説賞受賞作。なるほど、文庫で読むには丁度良いエンタメだった。風カオルというふざけたようなペンネームに、内容は大丈… → https://t.co/11YPmFQ3P5 #bookmeter
jushosakuhttps://t.co/QULCGHSuGH #jusho #newsJP [PR TIMES]2002年 九州さが大衆文学賞佳作(『まれびと奇談』) 2003年 第27回歴史文学賞(『桑港にて』) 2005年 小学館文庫小説賞優秀作品(『三人の妾』) 2009年 第2…
kaki7sophie@sks_moon 私も第5回小学館ジュニア文庫小説賞には出す予定です。がんばりましょう。
sks_moon小学館ジュニア文庫小説賞の選考はコロコロコミック編集部様やちゃお編集部様も関わっているので、そこまで考慮してしっかりと対策したいです。初めての応募は、応募したあとになって、ああすればよかった、こうすればよかった、と後悔ばかりでした。それが次に生きてくるのでしょうが。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)