トップページ > 公募新人賞一覧 > 小学館12歳の文学賞【小説部門】 > 2007年−第1回 小学館12歳の文学賞【小説部門】

小学館12歳の文学賞【小説部門】

2007年−第1回 小学館12歳の文学賞【小説部門】の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第1回—2007年

参考情報:受賞作

大賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

小学館12歳の文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小学館12歳の文学賞【小説部門】関連つぶやき

nippan_bungei【事務局より】好評発売中『さよなら、田中さん』(鈴木るりか/小学館)田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど底抜けに明るくたくましいお母さんと毎日大笑いで生きている。「12歳の文学賞」史上初3年連続大賞受賞。圧倒的小説デ… https://t.co/T7J6rrIQaA
takakuramie本日、RKBラジオ「こだわりハーフタイム」で紹介したのは、鈴木るりか「さよなら、田中さん」(小学館)でした。今年の募集第12回で最終回となった「12歳の文学賞」を2013年〜15年の3年間、小学校4,5,6年時連続で大賞を受賞し.… https://t.co/ABjrRpcRFe
wrong_relief2010年の第5回「12歳の文学賞」(小学館主催)で佳作となった「僕の失敗」の作者の林千翼子は林文科相の次女。
ryuseigun_info「さよなら、田中さん」鈴木るりか著: 文学界に彗星のように現れたスーパー中学生の小説デビュー作。小学館主催の「12歳の文学賞」で3年連続大賞を受賞。受賞作に書き下ろし作品を加えて、連作 ... https://t.co/BiD8dT99ln #彗星
Ameya_Hotaru盛岡タイムス 天窓を読む。─── 文学界でも中学生作家がデビューしている。小学館が主催する小学生対象の公募企画に恒例の「12歳の文学賞」がある。鈴木るりかさん(東京)は… 全然、ニュースに取り上げられていないようですが、本好きな私には、これからの活躍が楽しみです。
_5newspaper[産経]【書評倶楽部】ノンフィクション作家・河合香織 『さよなら、田中さん』 14歳の作者がつづる人の強靱さ https://t.co/DpxxywcwqK 作者は14歳。小学館主催の「12歳の文学賞」大賞を小学4、5、6年と史上… https://t.co/4RjLWMZQJT
kbc_koganei【新刊】『さよなら、田中さん』鈴木るりか(小学館)田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るくたくましいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで生きている。「12歳の文学賞」史上初3年連続大賞受賞。5編からなる連作短… https://t.co/dgwcQl6MF2
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)