トップページ > 公募新人賞一覧 > 伊豆文学賞 > 2012年−第15回 伊豆文学賞

伊豆文学賞

2012年−第15回 伊豆文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

伊豆文学賞(いずぶんがくしょう)は、日本の文学賞。

第15回—2012年(応募総数:171)

最優秀賞

優秀賞

佳作

佳作

その他の回のデータ(全データ一括表示

伊豆文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.1.17 伊豆文学賞 浜松の鈴木さん最優秀

    「第18回伊豆文学賞」(伊豆文学フェスティバル実行委員会など主催、文化庁、読売新聞東京本社後援)の入賞作品が16日、発表された。

  • 2014.1.20 伊豆文学賞 小長谷、長谷川さんに最優秀賞 静岡

    第17回伊豆文学賞(県、県教育委員会、伊豆文学フェスティバル実行委員会主催)の入賞作品が発表され、小説・随筆・紀行文部門で静岡市葵区の小長谷建夫さん(66)の小説「前を歩く人=担庵公との一日=」、メッセージ部門では三島市の同市立北中1年、長谷川穂さん(13)の「三島夏まつり」がそれぞれ最優秀賞に選ばれた。

  • 2013.8.27 審査員に村松友●氏 伊豆文学賞、作品全国から募集

    伊豆文学フェスティバル実行委員会は、静岡県を題材にした「第17回伊豆文学賞」(県・県教委・実行委主催、文化庁・読売新聞東京本社後援、スルガ銀行協賛)の作品を全国から募集している。

伊豆文学賞関連つぶやき

Osam_U道がつづら折りになって、いよいよ天 城峠に近づいたと思うころ、雨脚が杉の 密林を白く染めながら、すさまじい速さ でふもとから私を追って来た。私は二十歳… 伊豆の踊り子1968年10月17日、川端康成がノーベル文学賞受賞。死や流… https://t.co/mYNs6H0V1V
Takuetsu_Ayabeブログを更新しました。伊豆文学賞の反省 - NO WASTE https://t.co/EIry0BbTlW
kindaibungaku032.【川端康成】抒情的で幻想的な美をたたえる世界を構築し、伝統的な日本の美とその心を描いた。作品には『伊豆の踊子』『雪国』などがある。その功績が認められ、日本人初のノーベル文学賞を受賞した。
wasabipad1968年日本人初のノーベル文学賞を受賞した代表作に雪国伊豆の踊子がある作家はだれ?約2分かけて解読答えは分かりませんでした( ) https://t.co/AGZEoPDDsi
cloetoki堂々たる大衆文学作家のふたりが、純文学でノーベル文学賞作家の作品で回想があるのも何故か知りたい。伊豆の踊子は人気女優や当時のアイドルが出演して何度も映画化されている。実は大衆に近い作品でもある
msm_kwbt「伊豆の踊子」「雪国」で知られる作家・川端康成さんに、1968年10月17日、日本人で初めてのノーベル文学賞受賞が決まった。受賞決定の知らせをうけて三島由紀夫さん夫妻が赤いバラの花束を持ち祝福におとずれると愛弟子の訪問に、川端さん… https://t.co/k5eZsjFZGw
8323Saburoh3.映画『葬式の名人』の原案は川端康成。作品としては、『雪国』『舞姫』『伊豆の踊子』など、日本人で初めてノーベル文学賞受賞。今回の作品では『葬式の名人』『師の棺を肩に』『片腕』『バッタと鈴虫』『十六歳の日記』『古都』『少年』『化粧の天使達』など川端作品から奇想天外なお通夜の物語
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)