トップページ > 公募新人賞一覧 > 角川春樹小説賞 > 2011年−第3回 角川春樹小説賞

角川春樹小説賞

2011年−第3回 角川春樹小説賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

角川春樹小説賞(かどかわはるきしょうせつしょう)は、株式会社角川春樹事務所が主催する公募の文学賞。受賞者には印税とは別に賞金100万円と記念品が贈られる。2001年に第2回の受賞作が出版されて以降中断していたが、2010年に再開された。当初は枚数に上限がなかったが、その後400字詰原稿用紙換算で550枚以下と規定された。

第3回—2011年(応募総数:487)

参考情報:結果発表 / 二次選考通過 / 一次選考通過

大賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

角川春樹小説賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

角川春樹小説賞関連つぶやき

shiva_1002年明けから、角川春樹小説賞も受賞した作家の先生から鬼って言われた。すんませーんw
kingbiscuitSIU「角川春樹事務所の編集・中津宗一郎です、SF、時代小説、ミステリとか色々編集してます。担当作の新美健さんの『幕末剣狼伝 西郷暗殺指令』が歴史時代作家クラブ文庫新人賞をダブル受賞。現在、土橋章宏さんの『幕末まらそん侍』は2019年全… https://t.co/b5dhamUHyI
kazu7honyomi今村翔吾『童の神』角川春樹事務所を読了。著者初(?)の単行本は平安時代の伝奇小説。これだけのハイペースでシリーズ物を刊行しながら公募の賞に応募してたのに驚きだがその圧倒的な熱さ面白さに度肝を抜かれた。桜暁丸を初め個性的で魅力的な童の面々は忘れがたい存在だ。
harukibunko第10回角川春樹小説賞受賞作今村翔吾さんの『童の神』が第160回直木賞にノミネートされました!皆さまの応援のお陰で、ただ今8刷です。誠にありがとうございます。 https://t.co/ecbeNTaIxB
mesyonsyon@goopar777 小説大賞に選ばせてもらった作家の森沢さんが「ベストオブめ賞に選ばれたー」ってシェアしてくださって、次は角川春樹事務所さんが「ベストオブめ賞に」ってツイートしてくださって、「ベストオブめ賞ってなんだ」なんてもう思わない!めっちゃ名誉!もう名誉!!
abenomaxsengen◎本と人と 『童の神』今村翔吾さん>平安時代の「持つ者」と「持たざる者」とのたたかいを描いた歴史小説で、第10回角川春樹小説賞を受賞しました。 https://t.co/MDT8eORqTo #jcpサポーター #赤旗… https://t.co/HuRixvB7q7
manekineko14130/11/22 角川春樹小説賞30/11/30 小説推理新人賞
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)