トップページ > 公募新人賞一覧 > 日本ホラー小説大賞 > 2012年−第19回 日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞

2012年−第19回 日本ホラー小説大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本ホラー小説大賞(にほんホラーしょうせつたいしょう)は、日本の公募新人文学賞。株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催している。

第19回—2012年(応募総数:317)

大賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

日本ホラー小説大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

日本ホラー小説大賞関連つぶやき

takamomomomotak後輩に「これ、読んでみてくれませんか?(期待)」と薦められた日本ホラー小説大賞受賞作がね、なんかフツーに「キモチワルイ」作品でね(遠藤徹『姉飼』的な)。disってんじゃなく「はい、よくここまで気持ち悪いもの書けました」って敬意は覚えるけど…。体調的に読むタイミング悪かったなー。
manekineko14111/30第25回日本ホラー小説大賞 150~650枚+3枚梗概 500万 WEB+消印ホラー文学
life_effe_bot第19回日本ホラー小説大賞で大賞に輝いた小杉英了の小説です 【御役】 A:おやく
kotobuki1965秋田SF研究所主催のローカルSFコンベンション『HONGCONG15』の追加ゲストが発表されました。おなじみの脚本家・松崎健一さん、更に「ぼぎわんが来る」で第22回日本ホラー小説大賞大賞を受賞された澤村伊智さんがお越しになります!https://t.co/TzTNsgAUfp
le_grand_juran5年前に中学校の帰りに突然失踪した姉から「ぜーんぶ消えたわ ああ、さっぱりした」って電話がある日かかってくる小説を書いて日本ホラー小説大賞に送ろう
mys_sus_bot【スロット】死んだ契約者を転生へと導く少女を主人公とする第19回日本ホラー小説大賞を受賞した小杉英了の小説は?→先導者
book_info77黒い家 (角川ホラー文庫)第4回(1997年) 日本ホラー小説大賞受賞【内容紹介】人はここまで悪になりきれるのか? 人間存在の深部を襲う戦慄の恐怖。巨大なモラルの崩壊に直面する日本。黒い家は来たるべき破局の予兆なのか。人間心理の恐ろしさを極限まで描いたノンストップ巨編。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)