トップページ > 公募新人賞一覧 > 日本ホラー小説大賞 > 1998年−第5回 日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞

1998年−第5回 日本ホラー小説大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本ホラー小説大賞(にほんホラーしょうせつたいしょう)は、かつて存在した日本の公募新人文学賞。株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催していた。

第5回—1998年

大賞

  • 該当なし

その他の回のデータ(全データ一括表示

日本ホラー小説大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.11.25 作家・小林泰三先生ご逝去のお知らせ (2020/11/25)

    2020年11月23日(月)、SF、ホラーからミステリまで幅広く活躍された作家の小林泰三氏(58歳)が大阪府内の病院で逝去されました。

  • 2019.1.16 第160回芥川賞は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R1分34秒』に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定!

    第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は1月16日(水)、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R(いちらうんど)1分34秒』の2作品に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定した。

  • 2018.11.29 ホラー小説大賞2作品、次回から刷新

    日本ホラー小説大賞は、次回から横溝正史ミステリ大賞と統合され、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へとリニューアルする。多彩な作品を生みだし、ホラーというジャンルを切りひらいてきたこの賞を締めくくる第25回は、初めて2作が大賞となった。古代エジプトの呪いにまつわる福士俊哉さん(58)の『黒いピラミッド』(KADOKAWA)と、読者賞とのダブル受賞となった秋竹サラダさん(26)の学園ホラー『祭火小夜の後悔』(同)。2作の刊行を機に、年齢も作風も対照的な2人の著者に話を聞いた。

日本ホラー小説大賞関連つぶやき

LS_slot_bot2小説「ぼっけえ、きょうてえ」で、日本ホラー小説大賞と山本周五郎賞を受賞した、タレントとしてもおなじみの女流作家は?→岩井志麻子(同一リール:小野不由美、鹿島田真希、村田沙耶香)
Floriselis0【スロット】死んだ契約者を転生へと導く少女を主人公とする第19回日本ホラー小説大賞を受賞した小杉英了の小説は?→先導者
incrediblekid37【スロット】死んだ契約者を転生へと導く少女を主人公とする第19回日本ホラー小説大賞を受賞した小杉英了の小説は?→先導者
to_klow今は横溝正史ミステリ賞と合併したけど、日本ホラー小説大賞に対する憧れが超あったこれはハッキリと貴志裕介の影響。故小林泰三の作品も一時期よく読んでた真藤順丈とか恒川恒太郎とか、異形の才能を発掘する賞というイメージがあったからだろう 別にホラーが好きなわけではなかった
mys_sus_bot【スロット】死んだ契約者を転生へと導く少女を主人公とする第19回日本ホラー小説大賞を受賞した小杉英了の小説は?→先導者
Eve43101573日本ホラー小説大賞に応募するために書いてたけど「本文12万文字24文字以内であること」と選考対象に書かれていた。今からプラス8万文字は書けるかな……(._.`)一応ギリギリまで頑張ってみるわ。
kousakusha10月の新刊2点目『ゾンビと資本主義』。多彩な現代思想の手法を駆使して、ゾンビ表象が担う意味をあぶりだす知的冒険の書。 著者の遠藤徹さんは『スーパーマンの誕生』(新評論)などのアメリカ文化論のほか、「姉飼」で日本ホラー小説大賞を… https://t.co/5pIMb24FsP
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)