トップページ > 公募新人賞一覧 > 坊っちゃん文学賞(西暦奇数年のみ募集) > 2003年−第8回 坊っちゃん文学賞(西暦奇数年のみ募集)

坊っちゃん文学賞(西暦奇数年のみ募集)

2003年−第8回 坊っちゃん文学賞(西暦奇数年のみ募集)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

坊っちゃん文学賞(ぼっちゃんぶんがくしょう)は、愛媛県松山市が1989年の市政100周年を機に創設した公募形式による文学賞である。青春文学の登竜門として知られている。

第8回—2003年(応募総数:1008)

参考情報:受賞作品一覧

大賞

佳作

その他の回のデータ(全データ一括表示

坊っちゃん文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.9.28 坊っちゃん文学賞:創設30年 青春文学、椎名さんら語る 松山 /愛媛

    青春文学の登竜門「坊っちゃん文学賞」の創設30年を記念し、賞審査員の椎名誠さん、中沢新一さん、高橋源一郎さんによるトークイベント「親譲りの無鉄砲」が24日、松山市道後公園の市立子規記念博物館で開かれた。昨年12月に審査員の早坂暁さんが死去するなど節目を迎え、3人が明かす賞にまつわる逸話に訪れたファン約500人が耳を傾けた。

  • 2018.5.31 坊っちゃん文学賞:今年度は作品募集せず 9月に審査員トーク

    松山市は、新人作家の登竜門となる「坊っちゃん文学賞」について今年度は作品の募集をしないと発表。審査員の1人である早坂暁さんが昨年12月に死去したことや賞の創設から30年という節目を迎えたことを踏まえ、今年度は一度立ち止まって考える機会にするといい、9月には審査員の椎名誠さん、中沢新一さん、高橋源一郎さんを招いたトークイベントを開催する。

  • 2017.12.16 脚本家 早坂暁さんが死去 「夢千代日記」など手がける

    NHKのドラマ「天下御免」や「夢千代日記」などの脚本を手がけ、小説家としても活躍した早坂暁さんが、16日、外出先で倒れ、運ばれた病院で亡くなりました。88歳でした。

坊っちゃん文学賞(西暦奇数年のみ募集)関連つぶやき

同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)