トップページ > 公募新人賞一覧 > ジャンプ小説新人賞

ジャンプ小説新人賞

ジャンプ小説新人賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

  • 応募締切:3月31日/7月31日/11月30日
  • ジャンル:ライトノベル
  • 枚数:フリー部門300枚以内/テーマ部門100枚以内
  • 賞品/賞金:金賞 賞金(フリー部門100万円、テーマ部門50万円)楯、賞状 、100万円/銀賞 賞金(フリー部門50万円、テーマ部門30万円)楯、賞状 、50万円/銅賞 賞金(フリー部門30万円、テーマ部門10万円)楯、賞状 、30万円
  • 発表:7月下旬『少年ジャンプ』誌上、j-BOOKSのホームページ/11月『少年ジャンプ』誌上、j-BOOKSのホームページ下旬/3月下旬『少年ジャンプ』誌上、j-BOOKSのホームページ
  • 主催:集英社
  • 年3回(3月、7月、11月)実施
  • 公式サイト:http://j-books.shueisha.co.jp/prize/
  • ジャンプ小説新人賞を検索する  
    ニュース / つぶやき
    Amazon / カーリル(図書館検索) / 読書メーター
    Wikipedia / Google / Twitter

Wikipediaによる概要

ジャンプ小説新人賞(ジャンプノベルグランプリ、''JUMP Novel Grand Prix'')とは集英社主催の公募新人文学賞である。

2012summer2012年(応募総数:264(イラスト部門含む))

参考情報:結果発表

金賞

  • 該当なし

特別賞(フリー部門)

2012spring2012年(応募総数:236(イラスト部門含む))

参考情報:結果発表

金賞

  • 該当なし

特別賞(フリー部門)

特別賞(フリー部門)

2011summer2011年(応募総数:405(イラスト部門含む))

金賞

  • 該当なし

特別賞(フリー部門)

銅賞(テーマ部門)

ジャンプ小説新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

ジャンプ小説新人賞関連つぶやき

kanraku_ranka去年の年末に書きました。学園モノを書いてみたらとアドバイスを受けたのと、ジャンプ小説新人賞で委員長というテーマがあったので書いてみました。一次落選。その後、エブリスタに投稿していましたが、カクヨムにお引っ越しです。友人にぼろくそ言われましたが、キャラは気に入っています。
DzakaNovolワナビ勢から応募原稿使いまわしの話がRTされてくるけど、ぼくもジャンプ小説新人賞で最終まで行った「屍体売り回想」は角川ホラーの一次落ちだったし、野性時代フロンティア文学賞の最終まで行った「最後のガストロノーム」はハヤカワSFコンの一次通過止まりだったし、ガンガン使いまわさないと損
sirazasaこちらでのご報告を失念しておりましたが、ジャンプ小説新人賞は残念ながら最終選考落ちとなりました。同賞への応募を検討されている方は、是非拙作をご参考になさってください。https://t.co/XKiaNQJTEp講評はこちらhttps://t.co/mtvqGcv3Vs
qiakie携帯小説の次はスマホマンガ - 少年ジャンプ編集部、騒然 「スマホと指で描いた漫画」がルーキー賞 新人漫画家あつもりそうさんの素顔 (1/4) https://t.co/iQQ13eKqww
anyamo携帯で小説書く人出てきたときも思ったけど、「やる人」って、やらないという選択肢がないよね :少年ジャンプ編集部、騒然 「スマホと指で描いた漫画」がルーキー賞 新人漫画家あつもりそうさんの素顔 ITmedia NEWS https://t.co/OlIogEC370
botann1963少年ジャンプ編集部、騒然 「スマホと指で描いた漫画」がルーキー賞 新人漫画家あつもりそうさんの素顔(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース https://t.co/gS3KSHw0zO @YahooNewsTopics「燃え殻」さんのスマホで小説以来の衝撃
nekuotaそういえば僕も浪人時代、スマホで小説書いて新人賞に応募したなあ(黒歴史)少年ジャンプ編集部、騒然 「スマホと指で描いた漫画」がルーキー賞 新人漫画家あつもりそうさんの素顔 (1/4) - ITmedia NEWS https://t.co/oJFBHzMq8l
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)