トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 細雪

細雪

細雪さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の長編小説。1936年(昭和11年)秋から1941年(昭和16年)春までの大阪の旧家を舞台に、4姉妹の日常生活の悲喜こもごもを綴った作品。舞台は阪神間だが、本質的には大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。
谷崎潤一郎の代表作であり、三島由紀夫をはじめ、多くの作家たちにより文芸評論・随想等で取り上げられ高く評価され、読書アンケートや名著選でも必ず近代文学の代表作に挙げられている作品である。『細雪』は〈天子様〉(昭和天皇)に献上されたが、通常は小説を読まない天皇が、この作品は全部読了したと谷崎は聞いたという。
谷崎は第二次世界大戦中の1941年(昭和16年)に谷崎潤一郎訳源氏物語(旧訳)を完成させ、1942年(昭和17年)9月下旬には山梨県南都留郡勝山村(現在の富士河口湖町勝山)の河口湖湖畔にある富士ビューホテルに滞在しており、その滞在中の様子をモチーフとした場面が『細雪』下巻に描かれている。
1943年(昭和18年)、月刊誌『中央公論』1月号と3月号に『細雪』の第1回と第2回が掲載された。夫人の松子、義姉、義妹たち4姉妹の生活を題材にした大作だが、軍部から「内容が戦時にそぐわない」として6月号の掲載を止められた。
谷崎はそれでも執筆を続け、1944年(昭和19年)7月には私家版の上巻を作り、友人知人に配ったりしていたが、それも軍により印刷・配布を禁止された。中巻(544枚)も完成したが出版できなかった。疎開を経て、終戦後は京都の鴨川べりに住まいを移し、1948年(昭和23年)に作品を完成させた。
戦後に発表が再開されたものの、今度はGHQによる検閲を受け、戦争肯定や連合国批判に見える箇所などの改変を余儀なくされた。それらの過程を経た『細雪』全巻の発表経緯を以下にまとめる。
*1943年(昭和18年)
**上 - 『中央公論』1月号、3月号
*1944年(昭和19年)
**私家版『細雪 上巻』(非売品)を7月に刊行。
*1946年(昭和21年)
**『細雪 上巻』を6月に中央公論社より刊行。
*1947年(昭和22年)
**『細雪 中巻』を2月に中央公論社より刊行。
**下 - 『婦人公論』3月号-12月号
1948年(昭和23年)
**下 - 『婦人公論』1月号-10月号
**『細雪 下巻』を12月に中央公論社より刊行。
*1949年(昭和24年)
**『細雪 全巻』を12月に中央公論社より刊行。
『細雪』はベストセラーとなり、谷崎は毎日出版文化賞(1947年)や朝日文化賞(1949年)を受賞した。
世界各国でも出版されており、スロベニア語・イタリア語・中国語・スペイン語・ポルトガル語・フィンランド語・ギリシャ語・フランス語・セルビア語・ロシア語・英語(The Makioka Sisters(英語))・韓国語・オランダ語・チェコ語・ドイツ語に翻訳されている。
なお、作中には年号の表記が出てこないが、作中で四季の移り変わりと大きな気象災害が克明に描かれているため、この作品は日中戦争勃発の前年1936年(昭和11年)秋から日米開戦の1941年(昭和16年)春までのことを書いているとされている。
;『細雪』の舞台となった場所
①兵庫県武庫郡住吉村(現・神戸市東灘区)の谷崎の旧邸は、保存運動がNPO法人「谷崎文学友の会」と地元住民によって進められ、六甲ライナー建設による移築保存を1990年(平成2年)に成しとげ、「倚松庵」と名づけられている。
②岐阜県不破郡垂井町表佐地区(業平川)が5月下旬から6月中旬にかけての「蛍狩り」の舞台である。同町で谷崎が執筆する為に使用した「爛柯亭」は現在同県郡上市へ移築されている。

受賞歴

細雪関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

細雪関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

smile_m_land平成細雪の四姉妹以外のキャストの役どころが気になるんですけどわかるのいつだろう
yu_exciterそうこれです、昨日言ってたの!着物って細雪みたいな日本の文芸作品に出るのかなと思ってたのよ!谷崎で恐怖時代とか、これ絶対行かないといけないやつなんだよ、私としてはー。翌週が中日うたかた遠征なんだけど。2月の北海道、2週とも晴れますように!(飛行機)>RT
qmabungaku【グループ分け】次の文学作品を作者ごとにグループ分けしなさい[A.谷崎潤一郎|B.太宰治]〈斜陽〉〈津軽〉〈富嶽百景〉〈細雪〉→B・B・B・A
BotMiyoko"昭和十九年八月二十二日 潤一郎より重子先日和子さんが蜂須賀邸へおいでになり「細雪」を御所望にて(中略)浪をばさん又今日あたり御来駕の由であります今度ハ徳川誠さんが熱海で家をお捜しになるのださうであります。"(『谷崎潤一郎の恋文』)交際の様子がわかります。
torakumadouzi蝤蛑神仙 細雪 金色夜叉 浮雲 多情多恨 風流仏 舞姫 暗夜行路 戯作三昧 羅生門 枯野抄 地獄変 河童 蜘蛛之糸 伽羅枕 赤蛙 古都 山椒魚 山月記 富嶽百景 人間失格 斜陽 氷壁 不如帰 草枕 春琴抄 濹東綺譚 照葉狂言 落椿 或阿呆之一生 夜叉ヶ池 や
ym_nw2@asaninaruto むぅ…異能力「花鳥風月」(また細雪をつかい
soutarou_bot細雪スノア殿のことを長らくおなごだと思っておったというのは此処だけの話だぞ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
細雪さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)