トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 細雪

細雪

細雪さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の長編小説。1936年(昭和11年)秋から1941年(昭和16年)春までの大阪の旧家を舞台に、4姉妹の日常生活の悲喜こもごもを綴った作品。舞台は阪神間だが、本質的には大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。
谷崎潤一郎の代表作であり、三島由紀夫をはじめ、多くの作家たちにより文芸評論・随想等で取り上げられ高く評価され、読書アンケートや名著選でも必ず近代文学の代表作に挙げられている作品である。『細雪』は〈天子様〉(昭和天皇)に献上されたが、通常は小説を読まない天皇が、この作品は全部読了したと谷崎は聞いたという。
谷崎は第二次世界大戦中の1941年(昭和16年)に谷崎潤一郎訳源氏物語(旧訳)を完成させ、1942年(昭和17年)9月下旬には山梨県南都留郡勝山村(現在の富士河口湖町勝山)の河口湖湖畔にある富士ビューホテルに滞在しており、その滞在中の様子をモチーフとした場面が『細雪』下巻に描かれている。
1943年(昭和18年)、月刊誌『中央公論』1月号と3月号に『細雪』の第1回と第2回が掲載された。夫人の松子、義姉、義妹たち4姉妹の生活を題材にした大作だが、軍部から「内容が戦時にそぐわない」として6月号の掲載を止められた。
谷崎はそれでも執筆を続け、1944年(昭和19年)7月には私家版の上巻を作り、友人知人に配ったりしていたが、それも軍により印刷・配布を禁止された。中巻(544枚)も完成したが出版できなかった。疎開を経て、終戦後は京都の鴨川べりに住まいを移し、1948年(昭和23年)に作品を完成させた。
戦後に発表が再開されたものの、今度はGHQによる検閲を受け、戦争肯定や連合国批判に見える箇所などの改変を余儀なくされた。それらの過程を経た『細雪』全巻の発表経緯を以下にまとめる。
*1943年(昭和18年)
**上 - 『中央公論』1月号、3月号
*1944年(昭和19年)
**私家版『細雪 上巻』(非売品)を7月に刊行。
*1946年(昭和21年)
**『細雪 上巻』を6月に中央公論社より刊行。
*1947年(昭和22年)
**『細雪 中巻』を2月に中央公論社より刊行。
**下 - 『婦人公論』3月号-12月号
1948年(昭和23年)
**下 - 『婦人公論』1月号-10月号
**『細雪 下巻』を12月に中央公論社より刊行。
*1949年(昭和24年)
**『細雪 全巻』を12月に中央公論社より刊行。
『細雪』はベストセラーとなり、谷崎は毎日出版文化賞(1947年)や朝日文化賞(1949年)を受賞した。
世界各国でも出版されており、スロベニア語・イタリア語・中国語・スペイン語・ポルトガル語・フィンランド語・ギリシャ語・フランス語・セルビア語・ロシア語・英語(The Makioka Sisters(英語))・韓国語・オランダ語・チェコ語・ドイツ語に翻訳されている。
なお、作中には年号の表記が出てこないが、作中で四季の移り変わりと大きな気象災害が克明に描かれているため、この作品は日中戦争勃発の前年1936年(昭和11年)秋から日米開戦の1941年(昭和16年)春までのことを書いているとされている。
;『細雪』の舞台となった場所
①兵庫県武庫郡住吉村(現・神戸市東灘区)の谷崎の旧邸は、保存運動がNPO法人「谷崎文学友の会」と地元住民によって進められ、六甲ライナー建設による移築保存を1990年(平成2年)に成しとげ、「倚松庵」と名づけられている。
②岐阜県不破郡垂井町表佐地区(業平川)が5月下旬から6月中旬にかけての「蛍狩り」の舞台である。同町で谷崎が執筆する為に使用した「爛柯亭」は現在同県郡上市へ移築されている。

受賞歴

細雪関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

細雪関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

zkr_zkr私のリスト名→ 細雪、人間失格、富嶽百景、山月記、暗夜行路、マクベス、破戒、人間椅子、舞姫、斜陽、堕落論、檸檬、タイタスアンドロニカス、羅生門
bitch_2525レフと縄とビーズアクセ作りは私が興味を持たせて、細雪は好んだ。映画やビリヤードや韻を踏む事は細雪が興味を持たせて、櫻乃下は好んだ。1人だった頃知らない(或いは興味ない)世界が、2人になると広がるばかり。きっとこれからも。 https://t.co/TjUmHqc003
nekomusume2016@kidamasaomi1117 いえいえ、全然大丈夫ですよ( ̄Д ̄)ノ確かに細雪は便利そう…ドッチボールの時とか使えそうw
rakuji_tatekawa3月の「細雪」以来の明治座「ふるあめりかに袖は濡らさじ」観劇。「細雪」で紫吹淳さん、「ふるあめりか」で大地真央さん。つまり「ガイズ&ドールズ」初代と二代目のスカイを明治座で観た事になります。三代目スカイの明治座登場に激しく期待! https://t.co/JeM1PNCNVB
yukigitsune0225@sakichi_526 わーありがとうございます!細雪(ささめゆき)って読むので、さめちゃんとか雪とかささめちゃんとか呼びやすいように呼んでもらえたら!僕もタメでも大丈夫ですか?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
細雪さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)