トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小田雅久仁

小田雅久仁

小田雅久仁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小田 雅久仁(おだ まさくに、1974年6月6日 - )は、日本の小説家、ファンタジー作家。宮城県仙台市出身。
7歳で兵庫県へ転居し、10歳のときに大阪府へ再び転居。現在でも大阪府豊中市に在住している。関西大学法学部政治学科卒業。2009年に『増大派に告ぐ』が第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、作家デビューした。
2013年、『本にだって雄と雌があります』が第3回Twitter文学賞国内部門で第1位となった。
好きな作家としては、コーマック・マッカーシー、アゴタ・クリストフなどの名をあげる。

小田雅久仁新刊

  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    「いじめ」をめぐる物語 (朝日文庫)

受賞歴

小田雅久仁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小田雅久仁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

aya_macar0n(ラ並)『本にだって雄と雌があります』『増大派に告ぐ』などの作品で知られるファンタジー作家は? →小田雅久仁
fukuoka_tenroin【本日入荷!】『本にだって雄と雌があります』小田雅久仁/ 著¥710+税 https://t.co/x2BBQL5LPK
sst_bot『本にだって雄と雌があります』新潮社 小田雅久仁 どこまでが本当でウソかわからない冗長な文体なのに、次にどんな展開が来るのかわからず、ノンストップで読んでしまいました。自分の本棚で本同士が結婚したら…と考えると、本好きにとっては恐ろしくも楽しみなのではないでしょうか。小説2013
tomoru_u『本にだって雄と雌があります』小田雅久仁/新潮文庫人生三本の指に入るつまらなさで読み終えるのにとても時間がかかった。いつぞやの益田ミリのように不愉快にはならなかったけど、ひたすらつまらない。一人称の軽口がイタイ。新潮社ではなくラノベで出してくれたら手に取らずにすんだのに
mizunosota_botそう、本を読んでいたんだけれど久しぶりにぐっときた。小田雅久仁さんという方の「増大派に告ぐ」という小説。
Morokosipenguin>読後感良い作品だった〜森見登美彦ファンにはたまらん作品かもなぁと思った。ユーモア溢れる言葉遣いと〈幻書〉の巧みな描写で、460頁も割と早く読めた。#もろペン感想小田雅久仁著『本にだって雄と雌があります』(新潮文庫)… https://t.co/Xr9ms6SZK1
shikishikiNovはるな檸檬『れもん、よむもん!』小田雅久仁『本にだって雄と雌があります』夏目漱石『二百十日・野分』さくらももこ『ちびまる子ちゃん①』を同時に読んでいる。そう、秋だから。 https://t.co/9MWfrNkjBr
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小田雅久仁さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)