トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小田雅久仁

小田雅久仁

小田雅久仁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小田 雅久仁(おだ まさくに、1974年6月6日 - )は、日本の小説家、ファンタジー作家。宮城県仙台市出身。
7歳で兵庫県へ転居し、10歳のときに大阪府へ再び転居。現在でも大阪府豊中市に在住している。関西大学法学部政治学科卒業。2009年に『増大派に告ぐ』が第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、作家デビューした。
2013年、『本にだって雄と雌があります』が第3回Twitter文学賞国内部門で第1位となった。
好きな作家としては、コーマック・マッカーシー、アゴタ・クリストフなどの名をあげる。

受賞歴

小田雅久仁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小田雅久仁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honzuki_jp書庫の主人が寝静まった夜、やおら表紙を脱ぎ捨てた雄本が、しどけなく緩んだ雌本の帯を解きほどき、ぱたぱたと馥郁たる香りを放つ埃を舞い散らせながら互いに頁を絡ませ… 『本にだって雄と雌があります/小田雅久仁/新潮社』 https://t.co/A8uE3NUg35 #本が好き
aya_macar0n(ラ並)『本にだって雄と雌があります』『増大派に告ぐ』などの作品で知られるファンタジー作家は? →小田雅久仁
thesentence_bot彼はもはや群れをなす連中を信じない。にやにやと空疎な笑いを交わしながら、張りぼての仲間意識を確認し合うやつらほど醜いものはないのだ。/増大派に告ぐ(小田雅久仁)
passage_botわたしはエをかいてミを立てたいとおもうにんげんですが、えいえんにのこるダサクと、あしたにも、もえてなくなるケッサクの、どちらをかきたいかと、とわれれば、まようことなく、いっしゅんのケッサクをえらぶでしょう。―「本にだって雄と雌があります」小田雅久仁
mizunosota_botそう、本を読んでいたんだけれど久しぶりにぐっときた。小田雅久仁さんという方の「増大派に告ぐ」という小説。
novelist_debut●小田雅久仁 『増大派に告ぐ』 (2009年11月)
tak_kameradまことに遅ればせながらですが小田雅久仁「本にだって雄と雌があります。」を読み始める。行儀の悪い奥泉光といった感じで面白い
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小田雅久仁さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)