トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 林真理子

林真理子

林真理子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

林 真理子(はやし まりこ、1954年4月1日 - )は、日本の小説家、エッセイストである。有限会社林真理子企画事務所代表取締役。日本文藝家協会理事長。
山梨県山梨市出身、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動の後、1982年(昭和57年)に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、処女作にしてベストセラーとなった。さらに1986年(昭和61年)には、『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞し、小説家としての地位を確立した。林の功績は、 1980年代以降において、「ねたみ・そねみ・しっとを解放」したことであるとも評される。
林は現在|date=2018年11月、直木賞の選考委員のほか、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞選考委員を務めている。

受賞歴

林真理子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.10.22 林真理子氏のエッセイ連載回数がギネス世界記録に

    同氏が「週刊文春」(文藝春秋)で連載しているエッセイがこのほど、「同一雑誌におけるエッセイの最多掲載回数」としてギネス世界記録に公式認定された。

  • 2020.2.14 「小説現代」リニューアル復刊 毎号読み切りに

    月刊小説誌「小説現代」(講談社)がリニューアル復刊し、22日に刊行される。休刊した雑誌は事実上廃刊となるケースが多く、約1年半のブランクを経て復刊されるのは珍しい。長編小説の一挙掲載を軸に、短編小説、エッセー、対談、特集企画など、すべての企画を毎号読み切りとする。雑誌の電子化が進む中で「紙の小説誌を読んでもらうために何をすべきかを考えた結果、読者に興味を持った号から手にとってもらえる読み切りスタイルにした」(塩見篤史編集長)という。

  • 2017.9.21 ビートたけし純愛小説「アナログ」 初めて自分で書いた

    お笑い界と映画界の巨匠が文学界に参入する。ビートたけしさん(70)が「こんな恋がしたい」という純愛を描いた小説「アナログ」を書き下ろした。著書は多数あるが「(詩集以外では)ゴーストライターではなく初めて自分で書いた」と告白。19日、東京都内で思いを語った。

林真理子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

d_mjdb年内はあと2冊!読みたい 一冊は林真理子の「最終便に間に合えば」コレは買ってある あと一冊は何かコレだと思えるものを読みたいです 好きなジャンルは推理 ホラー以外ならなんでもです おすすめあったら教えてください
kopmvしたことの後悔は、日に日に小さくすることが出来る。していないことの後悔は、日に日に大きくなる。作家、林真理子さんの言葉です。
deep_green688自分の美しさは自分にすべて責任があるんです【林真理子】
spk16th決勝大会まであと5日!今日はゲストの紹介するよ!ゲストは林真理子✨✨「作家になるまでの努力や苦労したことを乗り越えたエピソード」「今のイレギュラーな世の中をどう生き抜くか」「本という媒体がもつ意味」というテーマ… https://t.co/gNTHHxjfzs
agezuma@daiji_okane1 @kaya_77777 ふふふ‥勝間さんはほとんど読破してますあと林真理子先生も大事は勉強家やな
ofrareloop美の格言林真理子自分の美しさは自分にすべて責任があるんです。
kotohime90やってしまった後悔はだんだん小さくなるけど、やらなかった後悔はだんだん大きくなる。by林真理子さん
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
林真理子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)