トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦

森見登美彦

森見登美彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。
奈良県生駒市出身。奈良市在住。ペンネームは本名の姓「森見」に、この地にゆかりの深い登美長髄彦を合わせたもの。奈良女子大学文学部附属中学校・高等学校(現:奈良女子大学附属中等教育学校)卒業。京都大学農学部生物機能科学科応用生命科学コースを卒業、同大学院農学研究科修士課程修了(修士(農学・京都大学))。在学中は体育会のライフル射撃部に所属した。
2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞して、小説家デビュー。2006年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞し、 第137回直木賞(2007年上期)候補、2007年第4回本屋大賞(2位)に選定される。しばらくは国立国会図書館職員との兼業作家として執筆活動を続けていた。やがて国会図書館を退職して専業作家となるが、連載を抱えすぎて行き詰まり、2011年8月にすべてを休載して故郷の奈良に帰る。その後、1 - 2年に1冊のペースで単行本化されていなかった作品や中断していた作品を大幅に書き直しながら刊行した。2018年11月刊行の『熱帯』は3回目の直木賞候補作となった。本人は『熱帯』の完成をもって2011年の全休載の後始末は終了したとしている。
2006年には会社の枠を超えた書店員有志による応援団「まなみ組」が結成されており、独自の販売促進が行われている。オリジナルの販促グッズ等が用意され、フリーペーパー(『夜は短し歩けよ乙女』『【新釈】走れメロス 他四篇』:まなみ組加入書店員の勤務書店店頭にて無料配布、非売)も発行されている。

受賞歴

森見登美彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tachikomans9好きな本 夏目漱石『私の個人主義』ニーチェ『ツァラトゥストラ』森見登美彦『太陽の塔』阿倍謹也『自分のなかに歴史を読む』吉野源三郎『君たちはどう生きるか』大野晋『日本語の文法を考える』 まだまだ未熟者です故、いろいろと教えて下さい。
neko_meshi666次は四畳半神話大系読むぜ何気に森見登美彦先生の作品を活字で読むの初めてかもしれない夜は短し歩けよ乙女とペンギンハイウェイは映画見に行ったし
booktitle_bot『四畳半神話大系』森見登美彦
wlb922『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦/アオヤマ君はとても賢い小学校4年生。ある日、アオヤマ君の住む街に、突然ペンギンたちが現れる。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていると知ったアオヤマ君はその謎を研究することにした—とても不思議で切ない物語。
Hifuroku_bot「お稲荷さんはあんまりモフモフしてなさそうよねえ」「メリーってば、好きなのはキツネじゃなくてモフモフなの?」「森見登美彦の『有頂天家族』は面白かったわ」「毛玉でも抱いてなさいよ、もう」(メリー、蓮子:『人形の家のアリス』)
bamboo_tommyある日のこと。気がつくと夏が終わっていた。森見登美彦氏が、「おや夏が終わった。秋が来たナア」と呟いていたら、秋の風情を味わう余裕もないうちに冬みたいな風が吹き、 登美彦氏の尻を冷やしたりするのであった。
sekiseiword次兄の全身で阿呆の血が沸き返るのが分かった。心臓の鼓動を聞く思いがした。「面白きことは良きことなり!」高らかな次兄の宣言に、私と弟も唱和した。/森見登美彦「有頂天家族」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森見登美彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)