トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦

森見登美彦

森見登美彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。
奈良県生駒市出身。奈良市在住。ペンネームは本名の姓「森見」に、この地にゆかりの深い登美長髄彦を合わせたもの。奈良女子大学文学部附属中学校・高等学校(現:奈良女子大学附属中等教育学校)卒業。京都大学農学部生物機能科学科応用生命科学コースを卒業、同大学院農学研究科修士課程修了(修士(農学・京都大学))。在学中は体育会のライフル射撃部に所属した。
2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞して、小説家デビュー。2006年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、第4回本屋大賞(2位)などを受賞。しばらくは国立国会図書館職員との兼業作家として執筆活動を続けていた。やがて国会図書館を退職して専業作家となるが、連載を抱えすぎて行き詰まり、2011年8月にすべてを休載して故郷の奈良に帰る。その後、1〜2年のペースで単行本化されていなかった作品や中断していた作品を大幅に書き直しながら刊行した。2018年11月刊行の『熱帯』は3回目の直木賞候補作となった。本人は『熱帯』の完成をもって2011年の全休載の後始末は終了したとしている。
2006年には会社の枠を超えた書店員有志による応援団「まなみ組」が結成されており、独自の販売促進が行われている。オリジナルの販促グッズ等が用意され、フリーペーパー(『夜は短し歩けよ乙女』、『【新釈】走れメロス 他四篇』:まなみ組加入書店員の勤務書店店頭にて無料配布、非売)も発行されている。

森見登美彦新刊

  • 発売日
    2019年1月22日
  • 書名
    森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー
  • 発売日
    2018年11月16日
  • 書名
    熱帯
  • 発売日
    2018年8月26日
  • 書名
    有頂天家族

受賞歴

森見登美彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1linefrom1book「怒りそうになったら、おっぱいのことを考えるといいよ。そうすると心がたいへん平和になるんだ」『ペンギンハイウェイ』 森見登美彦
colourscrossing@gon34542093 こないだ長文感想書いてた文藝別冊森見登美彦の本に、恩田陸先生との写真付きのロング対談も載ってますよ~!あとペンギンハイウェイ脚本の上田さんからのエッセイも。この本は小説本というわけではないけれど、いろんな… https://t.co/s5WheYIIjl
usui37あなたの京都好きはどこから?私は森見登美彦作品から……かもしれない。四畳半神話大系と有頂天家族を観てから夜の京都の見方が変わりました。そして宵闇万華鏡。
isayu1203森見登美彦のお話って最後なんか爽やかで好きだなーって読んだ事はないけど
penguincawaii【四畳半神話大系 (角川文庫)/森見 登美彦】読み返しては何度も笑ってしまう。文章で笑うってなかなか難しいと思うけれど、森見さんの文章には笑ってしまうからすごいと思う。「私」の小津に対する扱い… → https://t.co/zpBzy0zMLK #bookmeter
bamboo_tommy森見登美彦氏は昨日つい上機嫌で「ふわふわ太郎」*1を引き留めてやったが、そのために今朝寝坊するという醜態をさらし、「ふわふわ太郎め!」と半日泣きべそをかいていた *1:不運の神・三十代小太り
wlb922『新訳走れメロス』森見登美彦/過去の名作を現代に置き換えた作品集…なのか?色々と突っ込み所ありますがとりあえずメロス逆!逆だから!と腹筋崩壊。私の中では走れメロスと満開の桜の下での二作品がツートップ。原作となる古典も知っていれば何倍も楽しめたのではと悔しさ満点です。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森見登美彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)