トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森見登美彦

森見登美彦

森見登美彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。
奈良県生駒市出身。奈良市在住。在学中は体育会のライフル射撃部に所属した。
小学校2、3年の時に、友人と作った紙芝居がきっかけで、原稿用紙に小説を書くようになり、高校生で小説家を目指す。大学時代に、小説を書く基礎として日本の近代文学を多く読書し、表現などに影響がある。2003年、在学中に執筆した『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞して、小説家デビュー。2006年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞し、 第137回直木賞(2007年上期)候補、2007年第4回本屋大賞(2位)に選定される。しばらくは国立国会図書館職員との兼業作家として執筆活動を続けていた。やがて国会図書館を退職して専業作家となるが、連載を抱えすぎて行き詰まり、2011年8月にすべてを休載して故郷の奈良に帰る。その後、1 - 2年に1冊のペースで単行本化されていなかった作品や中断していた作品を大幅に書き直しながら刊行した。何作品かはそのまま中断した。『熱帯』は、「小説とは何か」という観点が大きくなり、2018年11月刊行された。3回目の直木賞候補作となり、第6回高校生直木賞を受賞。本人は『熱帯』の完成をもって2011年の全休載の後始末は終了したとしている。
2006年には会社の枠を超えた書店員有志による応援団「まなみ組」が結成されており、独自の販売促進が行われている。オリジナルの販促グッズ等が用意され、フリーペーパー(『夜は短し歩けよ乙女』『【新釈】走れメロス 他四篇』:まなみ組加入書店員の勤務書店店頭にて無料配布、非売)も発行されている。

受賞歴

森見登美彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森見登美彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ritonotori2「上手に説明できるかな。ぼくはへんなことを言うかもしれないよ」「それでもいいよ。ぼくは聞きたい」/森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』
roxasACなんだかわからないけど森見登美彦先生を感じる畳か?
BotHakase桎梏【しっこく】人の行動を厳しく制限して自由を束縛するもの。「この世にサヨナラするタイミングを逸した長老たちは化ける力も失っているが、狸という桎梏から解き放たれて小さな毛玉ライフをエンジョイしている/有頂天家族(森見登美彦)」《「桎」は足かせ、「梏」は手かせの意》
DDH_181_hyg小説って書いた人の性格というか内面というか性癖というか色んなものが詳らかにされるって印象で森見登美彦も砂川文次も私の中では根暗文学に分類されるんやけど、前者と後者ではジメジメ具合が全く異なってて、何て表現したら良いのか分からんのやけど、ポップな根暗と陰鬱な根暗とでも表現すれば
ibtaiyaki◆意外に、「これは修行だ」と思ってやってることよりも、自分が意識してないことが修行になってたりする。by森見登美彦
wlb922『四畳半神話体系』森見登美彦/「私」は冴えない大学3回生。薔薇色のキャンパスライフに憧れていたものの現実は程遠いものだった。悪友小津・謎の自由人樋口師匠とのやり取り、孤高の黒髪の乙女、明石さんとの恋。四畳半を中心とした4つの並行世界で繰り広げられる青春ストーリー。
k5book【自己紹介】アニメ作品に心を奪われし者(廃人?)。小説(最近は古典SF)も嗜む。 ストーリを創ることを愛し、創出を目指す。 森見登美彦/伊藤計劃/米澤穂信/PSYCHO-PASS/四月は君の嘘/絶望先生/SHIROBAKO。どうでしょう藩士。最近復活。ノイタミナ厨でもあり?!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    森見登美彦さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)