トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織

江國香織

江國香織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。
1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。
1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

江國香織新刊

  • 発売日
    2020年4月17日
  • 書名
    改訂増補新版 エドワード・ゴーリーの世界
  • 発売日
    2020年3月19日
  • 書名
    ちょこっと、つまみ: おいしい文藝
  • 発売日
    2020年3月11日
  • 書名
    1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

受賞歴

江國香織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ttr521にんじん卵炒めとminimalのケーキとミルクティーと、江國香織とノラジョーンズ!
Escher_ga_suki@Yorushika_shika ああああああ、江國香織……!!ガ!!!
jstmkitloud江國香織のデュークがめちゃくちゃ印象に残ってる。似たような雰囲気があると思う。短編集は大抵しっくり来ないんだけど、つめたいよるには好きだった。
lovequotes_bot「人の居場所なんてね、誰かの胸の中にしかないのよ」フェデリカは、私の顔をみずにそう言った。半ばひとりごとのように。(冷静と情熱のあいだ Rosso/江國香織)
chari05chiri@annaannyo え!?そうなの?笑あ、でも影響されやすいから趣味はかなり広いかも
hituziwomeguru映画を観る前に原作を読みました。江國香織が女性目線の物語を描き、辻仁成が男性目線の物語を描く、二人の作家による合作という点に衝撃を受けました。小説というものの可能性はすごいですね。 https://t.co/5TeZsbfusJ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
江國香織さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)