トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織

江國香織

江國香織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。
1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。
1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

江國香織新刊

  • 発売日
    2020年4月17日
  • 書名
    改訂増補新版 エドワード・ゴーリーの世界

受賞歴

江國香織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kotoba_iyasaret「どうしてこのままじゃいけないのかしら。このままでこんなに自然なのに」/江國香織「きらきらひかる」
8823_honeyめっちゃ晴れてるけど今日は読書の日にした江國香織さんのきらきらひかるっていう本読んだ
fmr4690『きらきらひかる』江國香織お互いを傷つけ合う空間には、純粋な愛が溢れていた。男女の境界なんて、愛には関係ないものだと私も思う。「世間では」という周囲の言葉が、彼らの身体に纏わりつくのが鬱陶しくて、悔しくなった。 https://t.co/VEwGbZ2mdF
Doimana_tanえ…選べませんが、敢えて一冊選ぶなら江國香織さんの「きらきらひかる」を選びます。 #Peing #質問箱 https://t.co/ltgg7sRV6i
y_Novel_botもう男の人の匂いはしない。洗いたての木綿の匂いと、私のオーデコロンの匂いがかすかにするだけだ。清潔は孤独。 (落下する夕方/江國香織)
zv075z30gu19大家さんは、黒猫をただ「猫」と呼びます。ただ「猫」と呼んで、中庭に置いてくれるのです。出ていけば、止めませんでした。戻ってくれば、迎えてくれました。黒猫は、大家さんがすこし好きでした。それで十分でした by 江國香織「ホテル カクタス」
dcfbn3518gaiボーイフレンドっていると楽しいし、いなくなると気持ちいい by 江國香織
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
江國香織さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)