トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江國香織

江國香織

江國香織さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。
1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。
1992年、アルコール使用障害の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。『がらくた』で島清恋愛文学賞受賞。

江國香織新刊

  • 発売日
    2019年8月8日
  • 書名
    なかなか暮れない夏の夕暮れ (ハルキ文庫)
  • 発売日
    2019年7月1日
  • 書名
    旅ドロップ
  • 発売日
    2019年5月2日
  • 書名
    彼女たちの場合は

受賞歴

江國香織関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江國香織関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mame3184@thunfisch_book 江國香織の『つめたいよるに』お願いします
Ronronn11@ann_ko_mochi 江國香織さん好きですがそれは読んだことないです!手にとってみます〜✨
ekunikaori_bot江國香織さんの小説、エッセイ、などから気に入った文をツイートします。よろしくおねがいします。
tunagaru_arai神様のボートはどう考えても毒親なのだが、妙なふわふわしたファンタジー感があって違和感が流されていくのだ江國香織はそういうファンタジーと現実の隙間が上手いのだ
ann_ko_mochi@Ronronn11 ありがとうございます☺️穂村弘さんのエッセイ……φ(..)メモメモ私のオススメは江國香織さんのホリー・ガーデンという小説ですもし読んだことがなければぜひ…
kotoba_iyasaret「どうしてこのままじゃいけないのかしら。このままでこんなに自然なのに」/江國香織「きらきらひかる」
bot_crowd「あなたはうけいれすぎるのよ。」「いけないことかな。」「ときどきとても淋しくなるの。」江國香織「ぼくの小鳥ちゃん」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
江國香織さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)