トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 皆川博子

皆川博子

皆川博子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

皆川 博子(みながわ ひろこ、1929年12月8日あるいは1930年1月2日 - )は、日本の小説家。様々なジャンルにわたる創作活動を行うが、中井英夫や赤江瀑などの作家への敬愛から生まれた幻想文学、または幻想的なミステリにおいて知られる。
父は正心調息法の創始者の医師で、心霊研究者でもあった塩谷信男。父の影響で幼少期に霊媒をさせられたこともあるという。弟に北里大学医学部名誉教授の塩谷信幸、伝奇・SF作家の塩谷隆志、 又従弟に脚本家・演出家の福田陽一郎がいる。木崎さと子は従妹で、少女時代に文学教育をほどこした。
朝鮮京城出身。東京女子大学外国語科英文学専攻中退。
『海と十字架』で児童文学作家としてデビューした後、推理小説・サスペンスに転向。当初は男女の奇縁を現代的な道具立てを用いてサスペンスフルに描く作風だったが、『光の廃墟』で浪漫的な異国譚、『花の旅 夜の旅』でトリッキーな本格ミステリに挑むなど、後年の作品に続く志向もみせている。
80年代は幻想文学にも創作をひろげているが、編集者にノベルスブームへの迎合を依頼されて、一般的な「ミステリー」の創作をおこなうこともあった。
新本格ミステリのムーヴメント以降再評価が始まり、千街晶之・東雅夫・日下三蔵の三名によってアンソロジーが編まれたり、文庫での再版も行われている。同時に新作の執筆も活発化し、80代とは思えぬペースでの発表が続いている。

皆川博子新刊

  • 発売日
    2017年11月28日
  • 書名
    U
  • 発売日
    2017年10月11日
  • 書名
    文学ムック たべるのがおそい vol.4
  • 発売日
    2017年9月26日
  • 書名
    皆川博子コレクション10みだれ絵双紙 金瓶梅

受賞歴

皆川博子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

皆川博子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

666omase666思ったよりずっと大事だった…♡>RTフェルメール、恥ずかしながら『青いターバンの少女(真珠の耳飾りの少女)』くらいしか眼中に無く…皆川博子の『死の泉』で目覚めました♡
mpnmisa皆川博子先生の小説で読んだ「カストラート」を思い出した・・・この子たちは違うけどw https://t.co/lBiPEDh5Ae
harukanaruomoi2悲しみを怒りと憎しみにして着火して燃えるのがリリウム、なぜかはじめから発火してるのが皆川博子
kuuhukuyarouモーリス読んでる面白いけど早く皆川博子さんのやつ読みたい2つとも耽美っぽくていい
yherakoi皆川博子著『開かせていただき光栄です』題名に込められたブラックユーモアに惹かれて読みました。良くできた推理小説だと思いますが、興味を持ったのは舞台背景の18世紀のロンドンの社会状況でした。読ませていただき光栄でした。 https://t.co/o5lf4XSP4w
chii_oboeta_qma【直木賞】安西篤子:張少子の話宮尾登美子:一絃の琴佐藤愛子:戦いすんで日が暮れて山口洋子:演歌の虫杉本章子:東京新大橋雨中図藤堂志津子:熟れてゆく夏永井路子:炎環平岩弓枝:鏨師皆川博子:恋紅ちぃ覚えた
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
皆川博子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)