トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 皆川博子

皆川博子

皆川博子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

皆川 博子(みながわ ひろこ、1929年12月8日あるいは1930年1月2日 - )は、日本の小説家。様々なジャンルにわたる創作活動を行うが、中井英夫や赤江瀑などの作家への敬愛から生まれた幻想文学、または幻想的なミステリにおいて知られる。
父は正心調息法の創始者の医師で、心霊研究者でもあった塩谷信男。父の影響で幼少期に霊媒をさせられたこともあるという。弟に北里大学医学部名誉教授の塩谷信幸、伝奇・SF作家の塩谷隆志、 又従弟に脚本家・演出家の福田陽一郎がいる。木崎さと子は従妹で、少女時代に文学教育をほどこした。
朝鮮京城出身。東京女子大学外国語科英文学専攻中退。
『海と十字架』で児童文学作家としてデビューした後、推理小説・サスペンスに転向。当初は男女の奇縁を現代的な道具立てを用いてサスペンスフルに描く作風だったが、『光の廃墟』で浪漫的な異国譚、『花の旅 夜の旅』でトリッキーな本格ミステリに挑むなど、後年の作品に続く志向もみせている。
80年代は幻想文学にも創作をひろげているが、編集者にノベルスブームへの迎合を依頼されて、一般的な「ミステリー」の創作をおこなうこともあった。
新本格ミステリのムーヴメント以降再評価が始まり、千街晶之・東雅夫・日下三蔵の三名によってアンソロジーが編まれたり、文庫での再版も行われている。同時に新作の執筆も活発化し、80代とは思えぬペースでの発表が続いている。

皆川博子新刊

  • 発売日
    2018年10月26日
  • 書名
    夜のリフレーン
  • 発売日
    2018年10月26日
  • 書名
    夜のリフレーン (角川書店単行本)
  • 発売日
    2018年5月24日
  • 書名
    皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa
  • イラストレーター
    林由紀子

受賞歴

皆川博子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

皆川博子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

taali2011ちょっと違うけど、皆川博子さんの『猫舌男爵』を思い出した。「この人(登場人物)に正しい意味を教えてあげられる人はいないの!?誰かいないの!?」とずっと思いながら読んでたなぁ。最後、この方の話としては珍しく「めでたしめでたし(…か?)」で終わったんですよね。吃驚な結末だったけど。
zuka_wakame小川洋子「沈黙博物館」/福永武彦「死の島」/皆川博子「死の泉」/坂口安吾「桜の森の満開の下」とか…とか…とか。絞れなかったので言語感が好きなものを並べました…!(あと西條八十とか泉鏡花も好きです)#マシュマロを投げ合おう… https://t.co/BSEMmf5IO0
sarihama_xx「皆川博子の辺境薔薇館」を隙間読書にアップ。素敵な未読の山が…と幸せを感じつつ、皆川作品とも、皆川作品を語る方々とも同じ時代にいることに素直に感謝したくなる一冊。 https://t.co/zoSqNxMOAX
m_youyou約1300冊登録して、TNDKカウントも900を超えました。大体終わったように見えるんだけど、実はカーと皆川博子(どちらも50以上ずつ未読)の山を消化していないので、つまりTNDKが1000を超えるのは確定なんですねえ。悲しいなあ。
MiL01QDrAt0i2t6皆川博子と山尾悠子さ、合わせて好きな人おおいよな。わたしもだ。
yu_kari_588『双頭のバビロン』皆川博子上海とウィーンを舞台に繰り広げられる、ある双子をめぐる物語です 分類的にはミステリー?ことばや表現が隅々まで美しい作品です…主人公の双子と深く関わることになる1人の男の子の関係性が不思議で切なくて見… https://t.co/tX4Q1yj3b3
mt2QNxIi78VZeam皆川博子さんの「夜のリフレーン」めっちゃくっちゃ短いのに完成しててすごい!!!!!!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
皆川博子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)