トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 皆川博子

皆川博子

皆川博子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

皆川 博子(みながわ ひろこ、1929年12月8日あるいは1930年1月2日 - )は、日本の小説家。様々なジャンルにわたる創作活動を行うが、中井英夫や赤江瀑などの作家への敬愛から生まれた幻想文学、または幻想的なミステリにおいて知られる。
父は正心調息法の創始者の医師で、心霊研究者でもあった塩谷信男。父の影響で幼少期に霊媒をさせられたこともあるという。弟に北里大学医学部名誉教授の塩谷信幸、伝奇・SF作家の塩谷隆志、 又従弟に脚本家・演出家の福田陽一郎がいる。木崎さと子は従妹で、少女時代に文学教育をほどこした。
朝鮮京城出身。東京女子大学外国語科英文学専攻中退。
『海と十字架』で児童文学作家としてデビューした後、推理小説・サスペンスに転向。当初は男女の奇縁を現代的な道具立てを用いてサスペンスフルに描く作風だったが、『光の廃墟』で浪漫的な異国譚、『花の旅 夜の旅』でトリッキーな本格ミステリに挑むなど、後年の作品に続く志向もみせている。
80年代は幻想文学にも創作をひろげているが、編集者にノベルスブームへの迎合を依頼されて、一般的な「ミステリー」の創作をおこなうこともあった。
新本格ミステリのムーヴメント以降再評価が始まり、千街晶之・東雅夫・日下三蔵の三名によってアンソロジーが編まれたり、文庫での再版も行われている。同時に新作の執筆も活発化し、80代とは思えぬペースでの発表が続いている。

皆川博子新刊

  • 発売日
    2018年5月1日
  • 書名
    皆川博子コレクションセット(全10巻セット)
  • 発売日
    2018年3月2日
  • 書名
    朱の檻 【単話売】 (OHZORA ミステリーコミックス)
  • 発売日
    2017年11月28日
  • 書名
    U

受賞歴

皆川博子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

皆川博子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kyo_kae#名刺代わりの本10選『花闇』皆川博子『お供え』吉田知子『歌行燈』泉鏡花『柔らかい土をふんで、』金井美恵子『矢川澄子作品集成』矢川澄子『黄金の夢の歌』津島佑子『死者の書』折口信夫『一九四五・夏・神戸』野坂昭如『フローラ逍遥』澁澤龍彦『日々の麺麭 風貌』小山清
PsycheYukiko「皆川博子の辺境薔薇館」いただきました。巻頭カラーで載せていただき、生きてて良かったなぁ、と。途中で皆川さんの本を再読したりしてゆっくり読みました。大輪の薔薇の園を逍遥した気分です。 https://t.co/bwke2GWjMI
kwaidan_yoo『皆川博子の辺境薔薇館』に続いて『夜想 中川多理 物語の中の少女』も到着。こちらも期せずして白ベースの清楚な装い。ガーゼにくるまれた雑誌だよオイ!(笑)小生はエッセイ「合せ鏡の眩惑 人形と幻想文学」を寄稿しました。(雅) https://t.co/gAzTYukR6h
shinabookどういう小説が好きか、登場人物の誰に惹かれるか、それを明らかにするのは、自分自身の本質を曝すことでもある。【皆川博子】
asuka19990809【読了】『死の泉 (ハヤカワ文庫JA)』皆川 博子 ☆5 https://t.co/71l64XzVVx #booklog
uri_toran皆川博子さん大好き……
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
皆川博子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)