トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 皆川博子

皆川博子

皆川博子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

皆川 博子(みながわ ひろこ、1929年12月8日あるいは1930年1月2日 - )は、日本の小説家。様々なジャンルにわたる創作活動を行うが、中井英夫や赤江瀑などの作家への敬愛から生まれた幻想文学、または幻想的なミステリにおいて知られる。
父は正心調息法の創始者の医師で、心霊研究者でもあった塩谷信男。父の影響で幼少期に霊媒をさせられたこともあるという。弟に北里大学医学部名誉教授の塩谷信幸、伝奇・SF作家の塩谷隆志、 又従弟に脚本家・演出家の福田陽一郎がいる。木崎さと子は従妹で、少女時代に文学教育をほどこした。
朝鮮京城出身。東京女子大学外国語科英文学専攻中退。
『海と十字架』で児童文学作家としてデビューした後、推理小説・サスペンスに転向。当初は男女の奇縁を現代的な道具立てを用いてサスペンスフルに描く作風だったが、『光の廃墟』で浪漫的な異国譚、『花の旅 夜の旅』でトリッキーな本格ミステリに挑むなど、後年の作品に続く志向もみせている。
80年代は幻想文学にも創作をひろげているが、編集者にノベルスブームへの迎合を依頼されて、一般的な「ミステリー」の創作をおこなうこともあった。
新本格ミステリのムーヴメント以降再評価が始まり、千街晶之・東雅夫・日下三蔵の三名によってアンソロジーが編まれたり、文庫での再版も行われている。同時に新作の執筆も活発化し、80代とは思えぬペースでの発表が続いている。

皆川博子新刊

  • 発売日
    2018年10月26日
  • 書名
    夜のリフレーン
  • 発売日
    2018年5月24日
  • 書名
    皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa
  • イラストレーター
    林由紀子
  • 発売日
    2018年5月1日
  • 書名
    皆川博子コレクションセット(全10巻セット)

受賞歴

皆川博子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

皆川博子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shinabookどういう小説が好きか、登場人物の誰に惹かれるか、それを明らかにするのは、自分自身の本質を曝すことでもある。【皆川博子】
kamiushi生者と死者が交わる鏡花作品において中洲とは、みたいな論考があったと思うんだけど、どこで読んだんだっけ……論文じゃなくてエッセイ寄りの評論として出版されてたやつだと思うんだけど……皆川博子さん?(文豪怪談ではなかった)まさか大学の講義じゃないよね……ど、どなたか……
LraD7ltT627s3Wc【死の泉 (ハヤカワ文庫JA)/皆川 博子】を読んだ本に追加 → https://t.co/MbbWnD77KW #bookmeter
paninaro10皆川博子『鶴屋南北冥府巡』(1991年 新潮社) #読了 #歌舞伎
minase0306わたし、実は地味に文春を不買してる……(笑)文春砲の品のなさにむかついたからです。でも皆川博子様の本だけは別枠だから買うけど。
sontyahan輸入が断たれ、小麦粉が足りなくなった。パン職人は、Kパンを焼いた。戦争(クリーク)パンのKであり、じゃが芋(カルトフェル)パンのKである。次第に小麦粉よりもじゃが芋粉のほうが量が増え、KKパン、KKKパンになった。(『薔薇密室』皆川博子)
abneril2018/9/19 6:29:49 426円~ 結ぶ 創元推理文庫 東京創元社 皆川博子 https://t.co/DqZEe4COUm https://t.co/OP1ydXHEfm
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
皆川博子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)