トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 皆川博子

皆川博子

皆川博子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

皆川 博子(みながわ ひろこ、1929年12月8日あるいは1930年1月2日 - )は、日本の小説家。様々なジャンルにわたる創作活動を行うが、中井英夫や赤江瀑などの作家への敬愛から生まれた幻想文学、または幻想的なミステリにおいて知られる。
父は正心調息法の創始者の医師で、心霊研究者でもあった塩谷信男。父の影響で幼少期に霊媒をさせられたこともあるという。弟に北里大学医学部名誉教授の塩谷信幸、伝奇・SF作家の塩谷隆志、 又従弟に脚本家・演出家の福田陽一郎がいる。木崎さと子は従妹で、少女時代に文学教育をほどこした。
朝鮮京城出身。東京女子大学外国語科英文学専攻中退。
『海と十字架』で児童文学作家としてデビューした後、推理小説・サスペンスに転向。当初は男女の奇縁を現代的な道具立てを用いてサスペンスフルに描く作風だったが、『光の廃墟』で浪漫的な異国譚、『花の旅 夜の旅』でトリッキーな本格ミステリに挑むなど、後年の作品に続く志向もみせている。
80年代は幻想文学にも創作をひろげているが、編集者にノベルスブームへの迎合を依頼されて、一般的な「ミステリー」の創作をおこなうこともあった。
新本格ミステリのムーヴメント以降再評価が始まり、千街晶之・東雅夫・日下三蔵の三名によってアンソロジーが編まれたり、文庫での再版も行われている。同時に新作の執筆も活発化し、80代とは思えぬペースでの発表が続いている。

皆川博子新刊

  • 発売日
    2020年3月24日
  • 書名
    愛と髑髏と (角川文庫)

受賞歴

皆川博子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

皆川博子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rikako_rikachan人間の気持ちというのは、自分自身でさえ、一瞬先を予測できないものだ。─皆川博子「水底の祭り」◆人の気持ちは変わるものです。決定を急がない方が良いときもあります。
bunkei_gro_botNo.273(文線)女流直木賞と受賞作 藤堂志津子-熟れていく夏、林真理子-最終便に間に合えば、杉本章子-東京新大橋雨中図、山口洋子-演歌の虫、皆川博子-恋紅
mocomoco_0524昨日、皆川博子の胡蝶塚っていうの読んでたんだけど、女の子がほっぺた噛まれるところがあるのね。最後の方、「噛む」じゃなくて「齧む」っていう表現してるんだけど、齧るで表現するとこかわいいよなあ~
hit4boy皆川博子『壁・旅芝居殺人事件』旅芝居を舞台としたミステリ。ストーリーの進行とともに、美しく華やかな表舞台と、薄汚れじめついた裏側という虚飾の世界が雄弁に語られていきます。艶やか文体に出だしからどんどん引き込まれていく逸品です。推協賞。https://t.co/3rfGVcR8oM
ooF9xQisIRvyz4R本が届いた!今日は良い日だ!©︎北原尚彦先生!柏書房 皆川博子長編推理コレクション2妖かし蔵の着想はそんなところに…近年の代表作だと塗仏の宴、黒龍荘の惨劇あたりでしょうか。書き下ろしの著書あとがきが嬉しい!「誰が読むの… https://t.co/ZCdDKeoPem
shinabookどういう小説が好きか、登場人物の誰に惹かれるか、それを明らかにするのは、自分自身の本質を曝すことでもある。【皆川博子】
violence_ruin戦間期ドイツのことを皆川博子で学んだのでこの時期なら突然家にレズビアンお嬢様が現れても何ら不思議な展開ではないんだよな…という気持ちになった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
皆川博子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)