トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 皆川博子

皆川博子

皆川博子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

皆川 博子|みながわ ひろこ|1929年12月8日あるいは1930年1月2日 - は、日本の小説家。様々なジャンルにわたる創作活動を行うが、中井英夫や赤江瀑などの作家への敬愛から生まれた幻想文学、または幻想的なミステリにおいて知られる。
父は正心調息法の創始者の医師で、心霊研究者でもあった塩谷信男。父の影響で幼少期に霊媒をさせられたこともあるという。弟に北里大学医学部名誉教授の塩谷信幸、伝奇・SF作家の塩谷隆志、 又従弟に脚本家・演出家の福田陽一郎がいる。木崎さと子は従妹で、少女時代に文学教育をほどこした。
朝鮮京城出身。東京女子大学外国語科英文学専攻中退。
『海と十字架』で児童文学作家としてデビューした後、推理小説・サスペンスに転向。当初は男女の奇縁を現代的な道具立てを用いてサスペンスフルに描く作風だったが、『光の廃墟』で浪漫的な異国譚、『花の旅 夜の旅』でトリッキーな本格ミステリに挑むなど、後年の作品に続く志向もみせている。
80年代は幻想文学にも創作をひろげているが、編集者にノベルスブームへの迎合を依頼されて、一般的な「ミステリー」の創作をおこなうこともあった。
新本格ミステリのムーヴメント以降再評価が始まり、千街晶之・東雅夫・日下三蔵の三名によってアンソロジーが編まれたり、文庫での再版も行われている。同時に新作の執筆も活発化し、80代とは思えぬペースでの発表が続いている。

受賞歴

皆川博子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

皆川博子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mys_sus_bot【線結び】次の2012年に「本格ミステリ大賞」の候補になった作品と、その作者の正しい組み合わせを選びなさいキングを探せ→法月綸太郎虚構推理 鋼人七瀬→城平京開かせていただき光栄です→皆川博子
yonder_claroあと、なんか皆川博子も感じている。「瀧夜叉」。
ikktn皆川博子しか勝たんわりにそんなにたくさん読んでない女
nemuc07皆川博子の小説で 妻が亡くなって別の女と結婚したけど、その人とは家事をやらせるために結婚したので妊娠しないよう不妊手術をするって話がめちゃくちゃリアルで怖かった 昭和初期くらいが舞台
gkg6qPWwt5YRwA0「ペガサスの挽歌」皆川博子 心の内に手に負えないものを抱えてしまった人達の物語。「朱妖」の、教師に自分の娘が異常だと決め付けられた母の(この教師は軀のなかに何一つ妖しいものをひそめ飼ってはいないのだろうか)妖しいもの、人間心理… https://t.co/cExbbdsYeH
Liber_flute#この創元推理文庫がすごい総選挙「双頭のバビロン」皆川博子私は単行本で読んだんですけどね
u_ro_n今日は「皆川博子随筆精華 書物の森を旅して」を読もう✨
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
皆川博子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)