トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 胡桃沢耕史

胡桃沢耕史

胡桃沢耕史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

胡桃沢 耕史(くるみざわ こうし、1925年4月26日 - 1994年3月22日)は日本の作家。本名は清水 正二郎。海外を舞台にした冒険小説や、ユーモア推理小説で人気を博した。東京府南葛飾郡(現在の東京都墨田区)生まれ。東京府立第六中学校(現在の東京都立新宿高等学校)から拓殖大学商学部卒業。
高校時代から作家を志す。1942年に拓殖大学中国語科に入学。この年に「(戦時中で食料が不足しているため)肉が食べたい」という理由で単独で満州へ密入国し3年間の放浪生活を送る。1945年に現地で召集を受けて、混成第八旅団で特務機関員として活動、終戦後はシベリアで抑留生活を送った。1947年に帰国し大学を卒業、1949年に抑留体験をもとにした作品を執筆、東映でシナリオライターとなった後、放浪生活を送る。
1953年からNHKプロデューサーとなり、1955年に「清水正二」名義で中央アジア探検を舞台にした『壮士再び帰らず』で第7回オール讀物新人賞を受賞し、作家専業となる。「世界秘密文学選書」シリーズでは翻訳物から翻訳すらしていないオリジナルまで多くを発表(ウィリアム・バロウズの「ソフトマシーン」も「やわらかい機械」というタイトルで翻訳という形を取ってオリジナル作品を発表したとされる)。愛称「シミショウ」として名を馳せたが、結局500編近くを書いたうち64編が発禁処分となった。1967年、猥褻文書を執筆したとして最高裁から懲役一年、執行猶予三年の有罪判決を受けたため、作品の版権を1冊5万円で版元にすべて売り飛ばし、海外旅行会社などに勤めながら主に東南アジアや中南米などの世界放浪へ旅立つ。旅行で交通手段として用いたバイクはホンダの50ccのスーパーカブであった。
9年間の沈黙の後、1977年に息子と娘の名前から取ったペンネームの胡桃沢耕史名義で「父ちゃんバイク」を発表して復帰、海外での体験を生かして異境を舞台にした冒険小説を発表する。1981年に「父ちゃんバイク」「ロン・コン」などを含む作品集『旅人よ』で第85回直木賞候補、『ぼくの小さな祖国』で第87回候補。1983年、満州、中国大陸を舞台にした『天山を越えて』で第36回日本推理作家協会賞を受賞。同年、シベリア抑留生活を描いた『黒パン俘虜記』で念願の第89回直木賞受賞。
代表作に東大法学部卒の岩崎白昼夢(いわさき さだむ)が活躍する『翔んでる警視』シリーズ(『新・翔んでる警視』『翔んでる警視正』『翔んでる警視正 平成編』『翔んでる警視正 新世紀編』)。第1作「私も犯人です」を1980年『小説推理』2月号に発表以来、胡桃沢名義の2割を占め、総出版部数は1000万部を越える。1986年と1987年にはTBSにて『翔んでる警視』『翔んでる警視II』として郷ひろみ主演で2時間ドラマとして放映され、自身もカメオ出演している。
知人たちとシルクロードを踏破する旅の計画を立て、1986年の第1回は北京からウルムチまで到達。第2回は1988年に、『天山を越えて』の舞台にもなったホータンからウルムチまでの行程で、この過程は『シルクロード タクラマカン砂漠2500キロの旅』として刊行された。1989年に取材先の上海で心臓発作に襲われ、2ヶ月間入院。タレントの胡桃沢ひろ子に自分の姓の芸名を付け、「夢見る婦警」(1991年)の歌詞も作詞している。
趣味はバイクツーリング、カメラと弦楽器のコレクションで、ヴァイオリンの弾き語りも得意にした。俳句では、自ら創始した「愛句」の宗匠を自称した。
1993年11月に舌癌の診察を受けるが、回復して『翔んでる警視正モロッコを行く』の連載を始めるつもりでいた。しかし1994年3月22日、多臓器不全のため横浜市金沢区の横浜南共済病院で死去。同区の長昌寺にある、崇拝していた直木三十五の墓の隣に生前から建てていた墓に葬られた。

受賞歴

胡桃沢耕史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

胡桃沢耕史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

LS_slot_bot2「重耳」「孟嘗君」などで中国の歴史上を題材とした作品で有名な、第105回直木賞を小説「夏姫春秋」で受賞した作家は?⇀宮城谷昌光(同一リール:胡桃沢耕史、志茂田景樹、出久根達郎)
raisen_bot_qmaNo.229 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒高橋治―秘伝 、胡桃沢耕史―黒パン俘虜記 、村松友規―時代屋の女房
kurotuki_3胡桃沢耕史胡桃沢 耕史 くるみざわ こうし 翔んでる警視シリーズ 黒パン https://t.co/JS9ygZGc1r
hit4boy胡桃沢耕史『 天山を越えて』大戦時、中国戦線を有利化すべく、辺境の民族の英雄へ日本人花嫁を政略結婚させようと画策する政府。花嫁、護衛の軍人、花嫁の恋人の運命が天山山脈を中心に交錯するという作品。壮大かつ重厚、ロマンあふれる物語です。https://t.co/xN2bk4WmWp
adrenalizebook胡桃沢耕史・著『黒パン俘虜記(新装版)』https://t.co/rNg3A3zOhM「軍隊は運隊だ」という言葉どおり、運悪く、敗戦と同時に送りこまれたモンゴルの収容所は、まさにこの世の地獄だった。軍律の崩壊した集団に君臨するやくざあがりの大ボス・小ボス。食糧といえば、…
kikiki_no_ki#読書と私①はい、小さな頃から②はい、小さな頃から③はい、夜寝る前に④すずめのおくりもの(安房直子)、笑われた子(横光利一)⑤横溝正史、胡桃沢耕史、景山民夫、ロバート B パーカー、立原えりか、岡田淳、東海林さだお、さく… https://t.co/R1eXZOXEML
kijiro_bot胡桃沢耕史が二冊。『黒パン俘虜記』(文藝春秋)と『旅券のない旅』(講談社)が出ているが、『黒パン俘虜記』で八三年度下期の直木賞は決定でしょう。しかし、個人的には留保をつけておきたい。いかにも直木賞向きの作品であるけれど、やはり『天山を越えて』で受賞するべきだったと思う。*k7
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
胡桃沢耕史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)