トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 京極夏彦 > 姑獲鳥の夏

姑獲鳥の夏(京極夏彦)

姑獲鳥の夏(著者:京極夏彦)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)
  • 著者:京極 夏彦
  • ページ数:430
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4061817981
  • ISBN-13:9784061817982

京極夏彦新刊

  • 発売日
    2018年11月15日
  • 書名
    文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年11月14日
  • 書名
    怪 vol.0053 (カドカワムック)
  • 発売日
    2018年10月16日
  • 書名
    文庫版 ルー=ガルー 忌避すべき狼 (講談社文庫)

姑獲鳥の夏関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

京極夏彦のその他受賞歴(候補含む)

姑獲鳥の夏関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

F_n_01変わっているのだそうである。(分冊文庫版「姑獲鳥の夏 上/京極夏彦」)
amaretto1682そういえば京極夏彦は姑獲鳥の夏しか読んでなかったな
nyankagu姑獲鳥の夏の舞台挨拶屋さんに行って(人気過ぎて立ち見席しかチケ取れず)上手の端っこから京極夏彦さん&堤真一さんの夢のような組み合わせに大泣きしながら眺めたきり。。畏れ多くて
ebitottoクビシメロマンチストのトリックで「なんだそれ!?」と思って「ええー、なんかわかんないけど京極夏彦とかリスペクトしてミステリ書いてんでしょ……? いいのこんなトリックで…京極夏彦は読んだことないけど……」って思ってたんだけど後から姑獲鳥の夏読んで「なんだそれ!!?」ってなった
yokaigakutan京極夏彦の『姑獲鳥の夏』に始まる憑き物落としシリーズは、文体が独特で長くて使用語彙が難しくて内容も難しい。しかしとても面白いからおすすめだぞ。私も全ての内容を理解したわけではないのだがな。
MayuyutaTsumuri京極夏彦さんの本は夢中で読んだから、今読み返しても大好き。姑獲鳥の夏、魍魎の匣、鉃鼠の檻とか。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)