トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 2004年−第130回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

2004年−第130回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説に限定しても)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第130回—2004年

受賞

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

qmabungaku【○×】1955年に、邱永漢が外国人として初めて受賞した文学賞は直木賞である→○
bibun_n_botNo.255 (多答)次のうち、直木賞を受賞した作家を全て選びなさい⇒○:佐藤愛子戦いすんで日が暮れて)、山口瞳(江分利満氏の優雅な生活)×:松本清張(或る『小倉日記』伝で芥川賞受賞)
HomegoroshiBotそのような文章を綴ることができるとは、随分博識なのですね!あまりに鮮やかな文才に見惚れてしまいましたよ!芥川賞や直木賞も夢ではありませんね!
Borderinkそして好評発売中、ボーダーインク会長・宮城正勝の句集『真昼の座礁』https://t.co/2TtvYuOGuk リブロリウボウBC店では直木賞受賞の『宝島』と並んでドーン! カバーの写真はもちろんヨシ子さん、デザインはぎすじみち… https://t.co/lUAYJUo8uJ
heapssheeps【腰痛日誌】起床時に左骨盤部分に違和感を伴う激痛あり。一瞬、動けないのでは、と頭をよぎったが、気合を込めて、えいやぁっ!と腕を使い、弾くように起き上がり、おそろおそろとした動作で仕事に向かうじゅんびをはじめる。あゝ、本日は… https://t.co/1sdzSRU0gX
torune_netoru東京ヴァンパイアファイナンスの人、4作品受賞作家て事もありラノベ作家が直木賞受賞の路線では無いな
naoki_syou藩主の信政が卒倒し、城下は騒然となった。卒倒三日後、信政は没した。死の床にあって信政を悩ましたのは、暴君型の甥、分家の信利の存在であった。はたして愛児への家督は無事に許されるのか…。直木賞受賞作『錯乱』池波正太郎
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)