トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 2007年−第136回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

2007年−第136回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による(ただし、現在は下記のとおり、このカテゴライズは実質上、無効化している)大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、1970年代あたりからに中堅作家中心に移行、近年では長老クラスの大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説でのデビュー後)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第136回—2007年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

shou_maehuri第73回直木賞を受賞/ → 「いない」
kyouryoku_tato次のうち直木賞を受賞している作家を1人1つ選びなさい ○奥田英朗、石田衣良、東野圭吾、重松清 ×伊坂幸太郎、荻原浩、貫井徳郎、馳星周
QMA_Mys_Bot2[スロット]スタインベックの『二十日鼠と人間』を意識して書き上げたという、2011年に第144回直木賞を受賞した道尾秀介の小説は? → 月と蟹
naoki_syou頭の鉢が異常に大きく、おでこで奥眼の小坊主・堀之内慈念は寺院の内部になにを見、なにをしたか。著者の体験にもとづいた怨念と、濃密な私小説的リアリティによって、純文学の域に達したミステリーで。直木賞受賞作『雁の寺』水上勉
bibun_n_botNo.255 (多答)次のうち、直木賞を受賞した作家を全て選びなさい⇒○:佐藤愛子戦いすんで日が暮れて)、山口瞳(江分利満氏の優雅な生活)×:松本清張(或る『小倉日記』伝で芥川賞受賞)
an_gobun_bot昭和43年に文化庁設立に伴い、初代長官に就任した直木賞作家は誰? 今日出海
kasamashoin昨日の最後の一文クイズ答えは向田邦子「かわうそ」でした
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)