トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 2007年−第137回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

2007年−第137回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、現在では中堅作家が主な対象とされていて、ベテランが受賞することが多々ある。

第137回—2007年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

naoki_syou藩主の信政が卒倒し、城下は騒然となった。卒倒三日後、信政は没した。死の床にあって信政を悩ましたのは、暴君型の甥、分家の信利の存在であった。はたして愛児への家督は無事に許されるのか…。直木賞受賞作『錯乱』池波正太郎
topicnews_jp直木賞作家・伊集院静氏の「ノンストップ」評価に設楽統も苦笑い https://t.co/wclX2Oe9G4 #芸能 #エンタメ
booksDAIHANhon祝!直木賞受賞&本屋大賞ノミネート 大絶賛の嵐!恩田陸最新作『蜜蜂と遠雷』絶賛発売中です!私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!10:00
bunkyu_bot小説『蒼ざめた馬』で知られるロシアの作家→プーシキン(名前は似ているが『蒼ざめた馬を見よ』は日本の作家・五木寛之の直木賞受賞作である。おそらく問題にも出る。)
qma_lsjnat_bot直木賞を受賞した時の年齢が若かった順⇒堤千代→朝井リョウ→平岩弓枝→山田詠美→三浦しをん
lovely11alice22直木賞作家・石田衣良が「デビュー15周年の結論」と自負する渾身作を #中山優馬 主演、瀧本智行監督で連続ドラマ化。虐待を受け続けた孤独な少年はなぜ殺人犯となったのか。 https://t.co/OTWPY8klcf #wowow #北斗
nobukoik今日の一冊。荻原浩さんの「海の見える理髪店」。第155回直木賞。伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。もし「あの時」に戻る事が出来るのなら。。母と娘、夫と妻、父と息子。近くて遠く、永遠の様でしかし儚い家族の日々、人生に訪れる喪失の痛みとその先に灯る小さな光が胸に染みる物語六編。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)