トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 2010年−第142回 直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)

2010年−第142回 直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは関係なくなっており、長老級の大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説に限定しても)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎は25年目の受賞である。。

第142回—2010年

受賞

受賞

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

naoki_syou無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝
AnswerxAnswer[語]プロレス観戦を勧めた『私、プロレスの味方です』がベストセラーとなった、直木賞作家といったら誰? 村松友視(むらまつ・ともみ)
bnstknowledge《ペンネーム由来・直木三十五編》本名、植村宗一。直木賞の名前になった方。「時報新報」に文壇批評を執筆した際、「植村」の植を分断し直木、名前ははじめ年齢の「三十一」をとった。年齢を取るたび一つずつ増え、執筆活動に専念した三十五歳のとき名前を「三十五」に固定した
an_gobun_bot直木賞を受賞した、わが国を代表する女流作家で、脚本家として”時間ですよ””寺内貫太郎一家”などを手がけたのは誰? 向田邦子
mys_sus_bot【タイピング】第42回直木賞の受賞対象作となった、戸板康二の小説は『團十郎○○事件』?→切腹
MyFavoriteMatom直木賞受賞作!「下町ロケット」ってどんな小説??? - NAVER まとめ https://t.co/gzJFcVapax
u_nya_qma小説『終身未決囚』で直木賞を受賞した作家は?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)