トップページ > 公募ではない賞一覧 > 直木三十五賞(直木賞) > 歴代受賞情報一覧

直木三十五賞(直木賞)

直木三十五賞(直木賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による(ただし、現在は下記のとおり、このカテゴライズは実質上、無効化している)大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったといわれているが、1970年代あたりから中堅作家中心に移行、近年では長老クラスの大ベテランが受賞することも多々あるgroup="注釈"|第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説でのデビュー後)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎、第163回の馳星周はともに25年目の受賞である。。(もっとも、直木賞は設定当初ですら新人のための賞であったとは言い難い面がある。第1回受賞の川口松太郎や第3回受賞の海音寺潮五郎からして既に新人とは言うには無理があったし、戦後第一回目である第21回受賞の富田常雄は『姿三四郎』発表後の受賞であり、既に文壇長者番付上位常連の人気作家であった。その他にも、候補者・受賞者の中には新人とは言い難い人物が少なくないgroup="注釈"|いくつか例を挙げれば、第17回で受賞が決まった山本周五郎は、筆歴17年で著作もあり、「新人と新風とを紹介する点にこの種の賞の意味があるので、もちろん在来もそうであったとは思いますが、今後もなおそういうものが選まれてゆくことを希望したいと思います。」と述べて受賞を拒絶しているし、第26回受賞の久生十蘭や同回の候補者だった長谷川幸延、摂津茂和は既に商業文芸誌に確固たる地位を築いていた人物である。第36回受賞の今東光に至っては35年以上前に文壇に登場していた。また第6回受賞の井伏鱒二や第24回受賞の檀一雄などのように、純文芸(純文学)では既によく知られていた人物に受賞させるケースもあった。その他にも、作品ではなくそれまでの業績で選ぶということが当初から幾度となく行われてきた。むしろ戦後の一時期に新人対象という当初の企図にたちかえったものの長くは続かなかったという方が実態に近い。)

第148回2013年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第147回2012年

受賞

候補

候補

候補

第146回2012年

受賞

候補

候補

候補

候補

第145回2011年

受賞

候補

第144回2011年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第143回2010年

受賞

候補

候補

候補

第142回2010年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第141回2009年

受賞

候補

候補

候補

候補

第140回2009年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第139回2008年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第138回2008年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第137回2007年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第136回2007年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第135回2006年

候補

候補

候補

候補

第134回2006年

受賞

候補

候補

候補

候補

第133回2005年

受賞

候補

候補

候補

候補

第132回2005年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第131回2004年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第130回2004年

受賞

候補

候補

第129回2003年

受賞

候補

候補

候補

第128回2003年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第127回2002年

受賞

候補

第126回2002年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第125回2001年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第124回2001年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第123回2000年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第122回2000年

受賞

候補

候補

候補

候補

第121回1999年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第120回1999年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第119回1998年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第118回1998年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

第117回1997年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第116回1997年

受賞

候補

候補

候補

候補

第115回1996年

受賞

候補

候補

候補

候補

第114回1996年

受賞

候補

候補

候補

候補

第113回1995年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第112回1995年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第111回1994年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第110回1994年

受賞

候補

候補

候補

候補

第109回1993年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第108回1993年

受賞

候補

候補

候補

候補

第107回1992年

受賞

候補

候補

候補

候補

第106回1992年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第105回1991年

受賞

候補

候補

候補

第104回1991年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第103回1990年

受賞

候補

候補

候補

第102回1990年

受賞

受賞

候補

候補

第101回1989年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第100回1989年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第99回1988年

候補

候補

第98回1988年

第97回1987年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第96回1987年

受賞

受賞

候補

候補

第95回1986年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第94回1986年

候補

候補

候補

候補

第93回1985年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第92回1985年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第91回1984年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第90回1984年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第89回1983年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第88回1983年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第87回1982年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第86回1982年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第85回1981年

第84回1981年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第83回1980年

第82回1980年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第81回1979年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第80回1979年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第79回1978年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第78回1978年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第77回1977年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第76回1977年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第75回1976年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

直木賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.12.18 第164回「芥川賞・直木賞」、候補作決まる

    日本文学振興会は12月18日、第164回「芥川賞」と「直木賞」の候補作を発表した。来年1月20日に東京・中央区の新喜楽で選考会を開き、同日受賞者の記者会見を開く。候補作は次の通り。

  • 2020.11.28 「作家になるとは思わなかった」三浦しをんさん流「小説の書き方」

    熱い友情、悲しい恋愛、夢あふれる冒険――。心揺さぶられる小説に出合ったとき、自分も物語を書きたいと思ったことはないだろうか。

  • 2020.11.3 さきがけ文学賞、初の2編入選 北原岳さん、荒川眞人さん

    第37回さきがけ文学賞の最高賞となる入選は、東日本大震災を経験した少年の成長を描いた北原岳(がく)さん(45)=本名・柳井貴士(たかし)、名古屋市、大学講師=の「ヒカリ指す」と、泥棒と少女の交流をテーマにした荒川眞人(まひと)さん(65)=本名・荒川眞(まこと)、三重県四日市市=の「賽銭(さいせん)泥棒」に決まった。

直木三十五賞(直木賞)関連つぶやき

yurubngkbot直木三十五賞無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。年2回発表される。第6回から、財団法人日本文学振興会により運営されている。1935年(S10)~現在
Q4icGiAyXlvPkKw娘が近所の書店に推し、燃ゆ を発注してるんだが芥川賞決まれば重版決定現在問屋にないとの事1月20日を待たなければとなった。ネットで買えば在庫あるんだが出来れば近所の書店利用したいのだ因みに、直木賞ノミネートのオルタネートは早々に買っていた娘であるw
chains2000shop直木賞公募作「オルタネート」NEWS加藤シゲアキさん#NEWS#加藤シゲアキ#小説#直木賞 https://t.co/UQLDd1a7GH @chains2000shopから
asahi_pub_PR新作小説『#オルタネート』で #直木賞 にノミネートされた #加藤シゲアキ さん
naoki_syou千利休の娘・お吟の胸には、堺の豪商・万代屋宗安に嫁いだ後も、初恋のキリシタン大名・高山右近の俤がひそかに生きつづけていた。やがて離婚したお吟の美貌は、最高権力者・秀吉の関心をひき、その軋轢が、お吟と利休を苛酷な運命の袋小路に引きずりこむ…。直木賞受賞作『お吟さま』今東光
skeletonkey0625直木賞発表まであと10日!!私は芦沢央先生を応援しています。有給取って待ち会やりたいなぁ。#直木賞 #芥川賞
raisen_bot_qmaNo.159 次の宮部みゆきの小説とそれが受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒名も泣き毒―吉川英治文学賞、模倣犯―司馬遼太郎賞、理由―直木賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)