トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 光岡明

光岡明

光岡明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

光岡 明(みつおか あきら、1932年11月3日 - 2004年12月22日)は、日本の作家である。熊本県熊本市生まれ。
熊本県立宇土高等学校、熊本大学法文学部を卒業。1955年、熊本日日新聞に入社。文化放送部長、編集局次長、論説副委員長などを務めた。その間、父の死をきっかけに小説を書き始め、1976年『文学界』に発表した『いづくの蟹』で芥川賞候補。続いて77年『奥義』、『湿舌』、78年『草と草との距離』で計4回、同賞候補。1978年『草と草との距離』などで熊本日日新聞文学賞受賞。1982年に『機雷』で第86回直木賞を受賞した。九州在住者では初の同賞受賞だった。1985年から1995年まで熊本近代文学館の館長を務めた。肺がんのため、死去。享年72。死の直前に、自らのがん告知、西行のことなどを書いた個人誌「この世」No.1を出した。
草と草との距離 文藝春秋, 1978.9
*迷鳥 作品社, 1979.12
*機雷 講談社, 1981.7 のち文庫
*千里眼千鶴子 文藝春秋, 1983.1
*柳川の水よ、よみがえれ 講談社, 1985.11
*前に立つ空 文藝春秋, 1987.2
*薔薇噴水 文藝春秋, 1996.8
*くまもとの森羅抄 熊本県総務部広報課, 1999.9
*恋い明恵 文藝春秋, 2005.8

受賞歴

光岡明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

光岡明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

1964_akb@arisa_otld おはようございます。高校時代はよく本読んだなあ。戦争の本ばっかりだったけど(笑)熊本出身で直木賞を取った、光岡明先生の「機雷」出世コースから外れてしまった軍人の話だけど、サラリーマンやアイドルに置き換えても凄く為になります
TBDD_yahoo@horafuki59 特別掃海隊については、直木賞をとった光岡明 「機雷」が、小説の体を装っているが実はノンフィクションと言われています。
YDiphylleia貞子のマッマのモデルは我が熊本県の御船千鶴子さんだよ。悲しい最後を遂げられてて、なんか複雑な気持ち。地元の作家で直木賞受賞者の光岡明さんが御船千鶴子さんの伝記書いてるからご興味のある方は読んでみるのもいいかも。
inthewall81名前を知らなかった光岡明「行ったり来たり」は、「行ったり来たり」という奇妙な神を据えてある二つの村をユーモラスかつファンタジックに描く佳篇で、相互の村の代議士がお互いを無教養、無能力と批判するけど、二人とも当選したので「無教養と無能力が均衡している」とあるのが笑った。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
光岡明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)