トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 光岡明

光岡明

光岡明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

光岡 明(みつおか あきら、1932年11月3日 - 2004年12月22日)は、日本の作家である。熊本県熊本市生まれ。
熊本県立宇土高等学校、熊本大学法文学部を卒業。1955年、熊本日日新聞に入社。文化放送部長、編集局次長、論説副委員長などを務めた。その間、父の死をきっかけに小説を書き始め、1976年『文学界』に発表した『いづくの蟹』で芥川賞候補。続いて77年『奥義』、『湿舌』、78年『草と草との距離』で計4回、同賞候補。1978年『草と草との距離』などで熊本日日新聞文学賞受賞。1982年に『機雷』で第86回直木賞を受賞した。九州在住者では初の同賞受賞だった。1985年から1995年まで熊本近代文学館の館長を務めた。肺がんのため、死去。享年72。死の直前に、自らのがん告知、西行のことなどを書いた個人誌「この世」No.1を出した。
草と草との距離 文藝春秋, 1978.9
*迷鳥 作品社, 1979.12
*機雷 講談社, 1981.7 のち文庫
*千里眼千鶴子 文藝春秋, 1983.1
*柳川の水よ、よみがえれ 講談社, 1985.11
*前に立つ空 文藝春秋, 1987.2
*薔薇噴水 文藝春秋, 1996.8
*くまもとの森羅抄 熊本県総務部広報課, 1999.9
*恋い明恵 文藝春秋, 2005.8

受賞歴

光岡明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

光岡明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Grevillius7「酒場放浪記」観ていると呑みたくなるで途中で止す。寺沢龍(著)「福来友吉と千里眼事件」(草思社)着。千里眼事件は光岡明の小説含め数冊読んでいるが、福来博士のその後を追っているらしい本書を入手。ベートーヴェンの4番をフランツ・アンドレ指揮ベルギー国立放送響にて。
kymd23先週久しぶりに光岡明の『機雷』を読んでたんですけど1ページ目から海防艦択捉、対馬で始まるというね(2ページ目であきつ丸が魚雷で沈む)。
atsizw11/3(金) 甲午 旧9/15 大安 三碧 楓蔦黄エフゲニー・プルシェンコ(1982) 35歳光岡明(1932) 生誕85周年足利義昭(1537) 生誕480周年https://t.co/xRyB7Eejtt
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
光岡明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)