トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大江健三郎

大江健三郎

大江健三郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家。昭和中期から平成にかけて活躍した現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1994年ノーベル文学賞受賞。
愛媛県出身。
東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、短編「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後の青年の閉塞感を描き、新鋭作家と目された。1967年、代表作とされる『万延元年のフットボール』により最年少で谷崎賞を受賞。現代文学の旗手と位置づけられるようになる。
その後、バシュラールの想像力論やバフチンやロシア・フォルマリズムの理論などを参照しながら独自の文学を作り上げていく。核兵器や国家主義などの社会・政治的な問題、知的障害者である長男(作曲家の大江光)との共生の体験、故郷である四国の森の谷間の村の歴史や伝承、夥しい読書から導かれた世界観、これらの主題を重ね合わせた作品世界を作り上げた。
1994年、日本文学史上において2人目のノーベル文学賞受賞者となった。
主な作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『同時代ゲーム』『新しい人よ眼ざめよ』『懐かしい年への手紙』『取り替え子(チェンジリング)』など。
戦後民主主義の支持者として社会参加の意識が強く、国内外における問題や事件への発言を積極的に行っている。

大江健三郎新刊

  • 発売日
    2020年3月17日
  • 書名
    「井上ひさし」を読む 人生を肯定するまなざし (集英社新書)

受賞歴

大江健三郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

大江健三郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mukyoukaiこちらは無教会主義研究会・北大阪支部です。大江健三郎先生の著作「ヒロシマ・ノート」を読みなさい。ある韓国人の被ばく女性がすべての憎しみを捨てて、小さな教会を設立・運営しています。この話に感動して当会を結成しました。
ken5_bot風呂場のドアを開け放ち misoを招き入れ 浴槽でチューハイを飲み 本を読み続けていた 俺は大江健三郎が好きだ たまらなく 好きだ
chewingumsuperメモ:大江健三郎「幸福な若いギリアク人」
mushroommillio2真実を見極めるのは難しい。客観的に述べるという事も、個人個人の価値観があり、その人にとっての客観的は別の人には相反するものであったりする。ノーベル文学賞を受賞した大江健三郎は、過去に、北朝鮮は理想郷、桃源郷であるような発言をした。それを信じて移住した人は苦しんで亡くなっている。
wilco81orMJ12カミュのペストより、なんとなく大江健三郎の芽むしり仔撃ちな気分…?
etojunbot作家的成功が人間的不幸をまねくというのは、言い古された文句である。一夜のうちに有名になった青年が、自己喪失に陥るというのもよくある現象であろう。しかし大江氏の独創は、やがて氏がこの体験を氏自身に特有な個人体験と看做すようになったというところにある。大江健三郎
bunsyo_bot死者の奢り(大江健三郎)内容は言わずもがな、冒頭にある死体の描写がとにかく詩的で美しい。管理者が文学小説に惚れたきっかけと言える小説です。お堅い文学小説はちょっと、という人、ぜひ1ページ目の部分だけでも読んでみてください。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大江健三郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)