トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大江健三郎

大江健三郎

大江健三郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家。
愛媛県喜多郡内子町(旧大瀬村)出身。東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後日本の閉塞感と恐怖をグロテスクな性のイメージを用いて描き、石原慎太郎、開高健とともに第三の新人の後を受ける新世代の作家と目される。
その後、豊富な外国文学の読書経験などにより独特の文体を練り上げていき、核や国家主義などの人類的な問題と、故郷である四国の森や、知的障害者である長男(作曲家の大江光)との交流といった自身の「個人的な体験」、更に豊富な読書から得たさまざまな経験や思想を換骨奪胎して織り込み、それらを多重的に輻輳させた世界観を作り上げた。作品の根幹にまで関わる先人たちのテクストの援用、限定的な舞台において広く人類的な問題群を思考するなどの手法も大きな特徴として挙げられる。1994年、日本文学史上において2人目のノーベル文学賞受賞者となった。
主な長編作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『洪水はわが魂に及び』『同時代ゲーム』『新しい人よ眼ざめよ』『懐かしい年への手紙』など。1995年に『燃えあがる緑の木』三部作完結、これをもって最後の小説執筆としていたが、親友の武満徹への弔辞で発言を撤回し執筆を再開。以降の『宙返り』から、『取り替え子(チェンジリング)』に始まる『おかしな二人組(スウード・カップル)』三部作などの作品は自ら「後期の仕事(レイト・ワーク)」と位置づけている。また戦後民主主義の支持者として社会参加の意識が強く、国内外における問題や事件への発言を積極的に行っているが、その独特の視座における発言が議論を呼ぶこともある。身長172センチ。2002年アメリカ芸術科学アカデミー外国人会員選出。

大江健三郎新刊

  • 発売日
    2019年9月12日
  • 書名
    大江健三郎全小説 第13巻 (大江健三郎 全小説)
  • 発売日
    2019年8月11日
  • 書名
    大江健三郎全小説 第12巻 (大江健三郎 全小説)
  • 発売日
    2019年7月12日
  • 書名
    大江健三郎全小説 第11巻 (大江健三郎 全小説)

受賞歴

大江健三郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

大江健三郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

book_dividual大江健三郎『洪水はわが魂に及び(下)』読了。パワーに満ちた小説だった。政治的な主義主張を持たない「自由航海団」であったが、反社会的組織として立てこもった核シェルターを機動隊に囲まれてしまう。「幻(ヴィジョン)」そして「pray」。… https://t.co/V1IF2E7j8W
qebujacyheb漱石が生きた「明治の精神」 大江健三郎さんに聞く https://t.co/MuVWgpvr0p
akapon小松左京は肝心の”大江健三郎””『同時代ゲーム』”をすっぱり耳から抜け落としたまま徳間書店に話を持っていってしまい選考会では筒井は『同時代ゲーム』を推したものの結局第1回の受賞作は堀晃の「太陽風交点」になったと。日本SF大賞の発端がそもそもこの作品だったという。
Maar__Co「...教えてくれ、もうすでに生け贄男は必要なのか?もう私は、食われなければならないか?」大江健三郎『われらの狂気を生き延びる道を教えよ』(1969年)
daisanjishinjin大江健三郎は詩についてよく言及するが、大江の読者は詩が嫌いな人が多そう。
171Cherrybr@realUsamiKoujin 先生「ノーベル賞受賞作家なのに何でフランス人が知らないってことないでしょう」ぼく「大江健三郎知らない日本人たくさんいると思うよ」
mmktn@mittsko ぜひ。『献灯使』の舞台は多和田葉子さんの故郷でもある多摩地区なのも生々しい。子供と老人が重要な役割を担っていて、『治療塔惑星』『M/Tと森の不思議の物語』で大江健三郎が言い澱む部分を突き抜けていますし、閉塞感と言… https://t.co/iLcN3j6dU6
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大江健三郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)