トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大江健三郎

大江健三郎

大江健三郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家。
愛媛県喜多郡内子町(旧大瀬村)出身。東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後日本の閉塞感と恐怖をグロテスクな性のイメージを用いて描き、石原慎太郎、開高健とともに第三の新人の後を受ける新世代の作家と目される。
その後、豊富な外国文学の読書経験などにより独特の文体を練り上げていき、核や国家主義などの人類的な問題と、故郷である四国の森や、知的障害者である長男(作曲家の大江光)との交流といった自身の「個人的な体験」、更に豊富な読書から得たさまざまな経験や思想を換骨奪胎して織り込み、それらを多重的に輻輳させた世界観を作り上げた。作品の根幹にまで関わる先人たちのテクストの援用、限定的な舞台において広く人類的な問題群を思考するなどの手法も大きな特徴として挙げられる。1994年、日本文学史上において2人目のノーベル文学賞受賞者となった。
主な長編作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『洪水はわが魂に及び』『同時代ゲーム』『新しい人よ眼ざめよ』『懐かしい年への手紙』など。1995年に『燃えあがる緑の木』三部作完結、これをもって最後の小説執筆としていたが、武満徹への弔辞で発言を撤回し執筆を再開。以降の『宙返り』から、『取り替え子(チェンジリング)』に始まる『おかしな二人組(スウード・カップル)』三部作などの作品は自ら「後期の仕事(レイト・ワーク)」と位置づけている。また戦後民主主義の支持者として社会参加の意識が強く、国内外における問題や事件への発言を積極的に行っているが、その独特の視座における発言が議論を呼ぶこともある。身長172センチ。

大江健三郎新刊

  • 発売日
    2016年11月15日
  • 書名
    晩年様式集 (講談社文庫)
  • 発売日
    2016年11月7日
  • 書名
    定義集 (朝日文庫)

受賞歴

大江健三郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

大江健三郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tothinkofpeace福島の事故で我々は、経済的視点からだけではなく、倫理的視点からも原子力を問い直さなければならなくなった。この二つの視点を同列に置くことはできない。/大江健三郎
Mutsu40548393〈国語の課題〉鈴木恵自己紹介(既)大江健三郎「鳩」のレポート(既)「あさきゆめみし」の感想文古事記日本書紀万葉集の感想文多すぎ ほんと鬼畜 https://t.co/HTbeMV2skH
etojunbot作家的成功が人間的不幸をまねくというのは、言い古された文句である。一夜のうちに有名になった青年が、自己喪失に陥るというのもよくある現象であろう。しかし大江氏の独創は、やがて氏がこの体験を氏自身に特有な個人体験と看做すようになったというところにある。大江健三郎
akutagawa_syou黒人兵と寒村の子供たちとの無残な悲劇の物語。“閉ざされた壁のなかに生きている状態”を論理的な骨格と動的なうねりをもつ文体で描いた、芥川賞受賞作品。芥川賞受賞作『飼育』大江健三郎
aizawanatuko大江健三郎さんら脱原発訴え…東京で集会 ←しかし大江健三郎さんをwiki で調べてみると、1967年には中国の核実験の成功について賞賛し、キノコ雲を見守る中国の研究者らの表情を「いかにも美しく感動的であった」
lattelatte358「文学は、人間を根本から励ますものでなければならないと思います。」 大江健三郎(作家)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大江健三郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)